新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

愛ノシツケ

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

お仕置きもうおしまい…?

家出して日本を出ようとした朝陽は空港で若きホテル王・光輝と出会う。自身の政略結婚を破談にしたい光輝から、飛行機代の代わりに愛人になってほしいと言われて!?
立ち読み
「まさか俺のこと、ずっとこの檻に閉じこめとく気じゃねーよな…?」
  光輝がまだ自分を檻から出す気がないとわかって、朝陽は頬を引きつらせながらオソルオソル尋ねた。
「朝陽がずっと僕の側にいるって約束してくれるなら、出してあげてもいいよ」
  光輝はニッコリと笑って条件を出してくる。
  ずっとなんて曖昧な表現に朝陽はますます考え込んでしまう。
  そこには一生なんて意味が含まれるかもしれないし、逆に本当は四六時中一緒にいれるはずがないとわかってもいるはずだ。
「俺だって本当は光輝の側を離れたくない」
  とりあえず朝陽は率直な気持ちを伝えることにした。
「朝陽…」
「でも、こんなふうに閉じこめられて、一方的に約束を促されるなんて嫌だ…!」
  途端に嬉しそうに破顔する光輝をキッと見据えて、朝陽はキッパリとした口調で光輝のやり方を否定する。
「そう…」
  スッと表情をなくして頷いた光輝に朝陽は動揺してしまう。
  もっと自分の気持ちを上手く伝える言葉があるはずなのに、光輝を怒らせてしまうような言い方しかできないなんてもどかしい。
「午後になったらハナウマの家に帰るから」
  焦る朝陽に光輝は静かな口調で告げた。
「俺…は?」
「心配しなくても、朝陽は檻ごと運んであげる」
  ここに置いていかれるのではないかという不安で表情を強張らせる朝陽に、光輝はクスッと笑って心配する必要はないと教えてやる。
「だから俺は猛獣じゃなーいっ!」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり