新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

合鍵

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

兄さんの全部を俺のものにする

里志は自分より大人っぽい弟の司を苦手にしているが、実の兄弟ではないと知った司に無理やり抱かれてしまう。逃げ出そうとした里志は階段から落ち、記憶を失くしてしまって!?
立ち読み
「嫌だ…っ、司、やめてくれ、頼む…から…っ」
  里志は涙で汚れた顔を、シーツに擦りつけるようにして司を振り仰ぎ、懇願する。
  けれど、司はその顔を見つめながら、里志の耳元に口を寄せて。
「―――無理だな。だって、俺は里志のことが好きなんだ」
  囁くように言った途端、里志は可哀相なほど大きく震えた。
「好きで、好きで…何度こうやって、里志を犯すシーンを想像したかわからない。それが現実になったんだ。やめられるわけがないだろう」
  そう言って、司は目の前の耳朶をねっとりと舐めた。
  そして、里志の首筋を味わうように、ゆっくりと舌を下方へ滑らせていく。
  同時に、二本の指で、柔らかくなってきた肉襞をクチュクチュとこね回す。
「やっ…駄目…っ、も、嫌…だっ」
  里志はギュッと目をつぶり、どうにかして逃れようと、何度も首を振り、もがいた。
  けれど、司は、髪を振り乱し、突き出した尻をくねらせる里志の嬌態を前に、荒々しく抜き差しを繰り返す。
  その瞳が、こみ上げる劣情に耐えかねるように、ゆらりと揺れた。
「もう、あきらめろ」
  言って司は、ひとしきり激しく里志を突き上げたあと、ズルッと指を引き抜いた。
  その衝撃に、里志は「あぁっ」とのけ反り、乱れたシーツにくずおれた。
「―――あんたの弟は、もうどこにもいない」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり