新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

世界で一番の恋をしよう!II

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺、今日はダメな日なんだ! また今度にしよう!

慰めているワケでも、同情でもない──いずみを抱きしめ、キスした八尋は確かにそう言った。だんだんと軟化する八尋の態度に期待してしまう反面、はっきり言葉を貰っていないいずみの不安は募り…。
立ち読み
  どうしよう、気持ちいい。
  このまま久志と寝てしまうのかなと、よくわからない思考でぼんやりと思う。
「高瀬……」
  囁く久志の低く掠れた声も、眉を寄せた表情も、色っぽい。
「高瀬、いいか?」
「え、な…に……?」
  夢を見るような曖昧な眼差しで、いずみは無意識に久志の腕に指を這わせる。
「俺と、寝てもいい?」
  思い詰めたような久志の言葉の響きに、蕩けるような濃密な空気の中でいずみは微笑もうとした。
  ああ、うん、八尋と寝ていいよ。
  だって、俺は、八尋が好きだから。
  スキダカラ。そう思った瞬間に、ふいにドクンと耳許で大きく鼓動が脈打った。
  甘い感触が、スッと足下から一瞬の波のように引いていく。つま先が冷たく固まる。
  どうしてなのか、自分でもわからない。
  久志の顔が急に暗く見えなくなったような気がして、あの五月の視聴覚教室がフラッシュバックする。
「あ……」
  久志の指がいずみのシャツを大きく捲ってまさぐった。いずみが息を呑む。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり