新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

世界で一番の恋をしよう!I

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

恋なんだよ、これは運命なんだよ

いずみは派手で綺麗で、校内でもとにかく目立つ存在。ある日、貼り出された実力テストの順位表を見たいずみは、自分が一番じゃないことに屈辱を感じ、一番の八尋の情報を集め出すが――!?
立ち読み
「安心しろよ。今回のはまぐれだから」
「八尋、違うって!」
「仕返しなら、もっと効率いい方法考えろ。秀才なんだろ──」
  久志の言葉が終わる前に、いずみの平手が久志の左頬にヒットした。痛烈な当たりだった。
「……」
  張られた久志は、ポカンといずみを見下ろす。
  猫の瞳は、目許を鮮やかに染めていた。涼しいそれが怒りにたぎる。胸倉を掴み上げる勢いで、いずみはつま先立った。久志が一歩退くほどに。
「てめえ、俺の本気がそんな安いもんだと思ってんのか!?」
「……」
「その程度で、男に告白するかバカッ!」
「……」
「聞いてんのかよ、バカッ!」
  打たれた頬をかばうことすらせずに、ただ久志は呆然といずみを見つめていた。
  張られてバカと罵られて喚かれる。思考がジェットコースターの急転回についていけない。
  いずみは、固まったままの久志の左胸にピタリと指を当てた。
  強い、強い瞳が久志を睨んで、揺れている。夕暮れ色に透き通ったその瞳に、映る自分を久志は見ていた。
「俺は、八尋久志が好きだ」
「お…い……」
「あんたに、惚れてんだよ」
  一語一語区切るように、まるで挑みかかるように、かみつくみたいに。
  恋の告白をされているというのに、まるで久志は決闘を申し込まれた気持ちになった。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり