新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ユウウツな誘惑ハート

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

仕方ないでしょーよ ……お前が欲しいんだから

親が再婚した和紗は、義兄・俊介のファンの上原に「弟にふさわしくない」と追いかけ回され、いちいち癇に触る。とうとうどっちが俊介にふさわしいか、勝負することになって!?
立ち読み
「ま、細かいことはおいといて」
  上原は涼しい顔でそう切り上げると、脱力した和紗に再び右手を差し出した。
「ほれ、早よ出せ。山下和紗」
「氷室だ!」
  和紗が怒鳴り返したものの、上原は意に介さず、今度は両手を前に差し出してひらひらと振る。
「どっちでもいいでしょーよ。とにかく、さっき返ってきたはずの数1の小テスト、早く出しな」
  思わぬ話に、和紗はあんぐりと口を開ける。
「は?  お前何言ってんの。何で俺のテストをお前に見せなきゃならないんだよ」
「お前、ホントに話を聞いてなかったのな。もう一回言うぞ。俊介先輩の弟として少しはふさわしい成績になったのかどうか、この上原将樹様が判定してやるから、早く見せてみっつってんの」
「何だよ、それ。意味わかんねーよっ!」
「わかんなきゃわかんないでいーから、とにかく見せろ」
「大きなお世話だ!  大体昼飯食いに行くのに、答案用紙なんか持ち歩く訳ないだろ!」
「ま、それもそうだな」
  上原はこれまたわざとらしく顎をしゃくると、腹立たしいほど爽やかな笑顔になった。
「じゃあ、取ってこいよ。待っててやるから。優しいなー、俺」
「ふざけんな!  お前に見せるような答案用紙はねーよ!」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり