新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ストロベリーハートフェイク

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2001/05/25
    ISBN:
    978-4-8296-5247-3
書籍紹介

男心をもてあそぶなんて、いけないコだなぁ

フツウの男子高生の瑞希は、ある日同居人の椎麻に告白されてしまった。キスされたうえに貞操まで狙われてしまい──!?
立ち読み
「もったいない…」
  ささやきながら、椎麻はその指を自分の唇へと運ぶ。
「甘酸っぱくて、おいしいよ」
「うそだっ」
  耳まで赤くなりながら首を振る瑞希に、椎麻は「うそじゃないよ」と断言すると、傍らのうねから、いちごを一粒摘み取り、赤い先端で瑞希の体液をからめとった。
「ほら…」
  とっさに顔を背けるけれども、無理やり口の中に突っこまれてしまう。
「どう?  おいしいだろう?」
「どこがっ。いちごは甘いけど…。いちごだけのほうが、絶対いいっ」
「それは変だな。瑞希のミルクつきのほうが絶対おいしいと思うんだけどなぁ」
「変なのは、椎麻のほう…っ」
  言い返すよりも早く新たないちごを口に含んだ椎麻は、さらに瑞希の性器までも同時に咥える。
「ひぁ…っ」
  椎麻の熱い舌や上顎の感覚に混じって、いちごのつぶつぶが、瑞希の敏感な場所にぎゅうっと押し当てられる。
「や、あぁぁ…っ」
  椎麻の口の中で、自分のジュニアに押しつけられた果実がつぶされ、果汁をしたたらせる感触がたまらなく淫靡で、瑞希はこらえきれずに一気に欲望を弾けさせてしまっていた。
「はぁっ…あぁっ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり