新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

いとしのテディ・ボーイ
ハッピーエンドな恋をしよう

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

愛くるしい瞳、キラキラキュートなボディ、テディ・ボーイ再登場!!

通称「宮様のクマ」になってしまった直矢の前に、宮緒の過去を知る従兄弟が立ちはだかる。そこへ宮緒パパまで現れて? 2人の絆が深まるテディ・ボーイの甘いロマンス再び!!
立ち読み
  やんわりと握られただけで、電流のような刺激が走り抜ける。反射的にのけぞる身体を片手で抱き込まれた直矢は、無意識の内に、宮緒の肩を押し戻そうとして、逆にその手を握り捕られた。
「たまには、おとなしく抱かれてみる気はないのか」
  頭上から降りかかる余裕の笑顔へ、グーでパンチをくれてやりたい。
(この手を放しやがれ)と叫びかけた唇へ、深々と口付けられた直矢は、休む事を知らない宮緒の手に自身を擦られ、更にはその奥に連なるモノを揉み上げるように握り込まれて、四肢をしならせた。
  搦みつく舌に追われ、きつく吸い上げられて、悲鳴を上げる事さえ許されない。自身の裏側を押し上げながら先端を突かれ、否応もなく立ち上がった下肢が、痛いほどに熱をこもらせる。
「ぐっ!!  ふっうぁぁ…やァッッ」
  喉の奥が鳴り、くぐもった叫びが途切れがちにもれるのと同時に、向きをかえて再び口付けてきた宮緒が「直矢」と、愛おしげにささやきかけてくる。
  つと口端からこぼれ落ちる唾液の糸が、シーツの波へと吸い取られ、息を継ぐ暇もなく、追い上げられていくのだ。手慣れたルートをたどり、焦らすように弱々しく扱き上げては「いやだっ!!」と叫ぶ直矢の言葉を着実に変えていく。
「あぁ……やだッ……宮緒っっ」
「何がイヤなのだ。言わねば、わからぬぞ」
「はっ…あァァァ…もっと……もっとぉ……」
「もっと……なんなのだ?」
  耳元へ、息を吹きかけるようにささやく宮緒が、憎らしくも腹立たしい。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり