新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

空と海
Side.A

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1998/10/25
    ISBN:
    978-4-8296-5146-9
書籍紹介

絶対に離さない

空と海。新学期の朝に出会った2人は強く惹かれあうが、海は恋を禁じられていた。学園純愛物語サイドA。
立ち読み
「あ……ああ……」
  吐息混じりの声を洩らして、海はしがみつくように直樹の腕を掴み、背を反らした。直樹の真下に海の薄く開いた形の良い唇があった。まるでくちづけをねだるように開かれた唇だった。その唇を見下ろして直樹は薄い笑みを浮かべた。
「阿久津さんの仕込み方ってすごいね。ちょっとさわっただけなのに抵抗も出来ないほど感じてる。そのくせ襞は深いし締まりはいい。ぶち込むだけの玩具じゃないってわけだ。知ってる?  ここ、使いすぎると襞なんかなくなっちゃうんだってさ」
  直樹は食い込ませた指を軽く揺すった。息を飲んで海は首を振った。
「いや……、お願い……」
「何をお願いしてるの?  ここをもっとかき回して欲しい?」
  乱暴なほどに直樹は指を動かした。海は喉に引っ掛かった悲鳴を発して、直樹の胸にすがるように身をあずけた。直樹は二本の指を海の中につきたてて囁いた。
「欲しい?  海。もっと荒々しくここを犯してくれるものが」
「い……いや……、やめて……」
  海の拒否の言葉はほとんど声になっていなかった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり