新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

いとしのテディ・ボーイ

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

クマって呼ぶなっ!

全寮制男子校への編入早々、朝香直矢はテディベアを愛する変わり者の生徒会長・錦織宮緒の熱烈な求愛にあう。いやがる直矢に宮緒のラブ攻撃はゴーインで……。
立ち読み
「もしも、打ち所が悪ければ、とんでもない事になるのだぞ」
「そりゃ、そうだろうけど」
「今から病院へ行くぞ」
「えっ?」
「精密検査を受けるのだ。そうでなければ安心できん」
「ちょっ!  なにすんだよッ」
「────」
  驚声を聞き流した宮緒に、ためらいはない。
  足掻く身体を引き寄せて、軽々と抱き上げながら「おとなしくせねば、この場で犯す」と静かに言い放つ。
  信じられないと言いたげな直矢の表情を見下ろした宮緒は、その額にソッと口付けて保健室から踵を返した。
「お前みたいな超サイテーな奴、見たことないっ」
  怒りのためか、頬を真っ赤に染めた直矢が、上目使いに宮緒を睨みつけてくる。
「そんな脅し文句が、俺に通用すると思ってんのかっっ」と言いながら、宮緒の腕の中におとなしく納まっている直矢が、むしょうに愛おしくなる。
  宮緒を睨みつけるその瞳が、キラキラと宝石のように輝いて見えるからだ。ぬいぐるみのテディも、つぶらな大きな瞳を持っているが、これほど魅力的ではない。しかも、テディは、なんの感情も映し出さない。だから、こうして抱きしめているだけで、暖かなぬくもりが伝わってくるのが、嬉しくてたまらないのだ。
  本音を言えば、いつでも、どこでも、直矢を抱きしめたくて仕方がないのだが、それを実行に移さないのは、直矢がそれを嫌うからである。だがいつかは、抱きしめたい時に、抱きしめられるようになりたい。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり