新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

秘蜜の褥

本を購入

本価格:600(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2017/03/10
    ISBN:
    978-4-8296-2627-6
書籍紹介

私は雌です。
そう躾けてくださったのは主上です。

「ある男の人生を狂わせろ。そして、私と共犯になれ」主上の命に従い近侍である「紫の剣」の隊長・美舟が籠絡した男は、主上の実弟・嵯峨野宮だった。国の頂点に君臨する主上は、それ故に政敵が多く、肉親すら信用しない冷徹な人物。だが、美舟が嵯峨野宮に抱かれる時にだけ熱をみせるのだ。兄に体を弄ばれながら、弟の心を翻弄する――尊い兄弟の間で揺れ動く美舟だったが……。

立ち読み

「あ……っ、おおき、い……」 
 あまりにもふくれあがった嵯峨野宮の情念は、みっしりとした重量を持っていた。
 思わず、美舟は溜息を漏らす。
 美舟の中にある空洞が、嵯峨野宮で埋められてしまう。
「……宮様……」
 嵯峨野宮の情念に答えるように名前を呼んだ、その時だ。
「楽しんでいるようだな」
 御簾の中に、するりと人影が忍びこんできた。
「主上……っ」
 嵯峨野宮は夢から覚めたように、美舟から身を引こうとする。
「よい、嵯峨野宮。許す。ともに、美舟を愛でようではないか」
 主上は嵯峨野宮に一瞥をくれると、彼の下で組み伏されて、肌を彼の色に染めあげられかけている美舟を見据えた。
 一瞬、睨まれているのかと思った。
(……主上?)
 美舟は、自分は主上の理解者だと思っている。
 だが、時折、本当に彼を理解できているのかと、自問したくなる瞬間もあった。
 主上の心のうちを探るように視線を投げかけるが、彼は既に感情を見せない、いつもの冷たい無表情に戻っていた。
「……どうした、ふたりとも。私のせいで興が冷めたか?」
「い、いいえ。そんなことは決して……」
「ならば、交わってみよ」
 嵯峨野宮と交わる美舟を、主上は背後から抱きしめる。
 そして、嵯峨野宮がつけた痕へと、つっと指を滑らせた。
「美舟の肌に色を馴染ませるほど、熱く交わっていたのだろう?」
「あ……っ」
「主上……っ」
 嵯峨野宮は、苦悩の表情を見せる。
 罪悪感と快感、そして美舟への執着。その何もかもが、嵯峨野宮を責め苛んでいるようだった。
(……主上も、惨いことを)
 主上による愛撫を受けながら、美舟は悩ましく息をついた。
 美舟が、嵯峨野宮の色に染め上がるのを厭うかのように、意地悪なことをする。
 そんな独占欲など、持っていないだろうに。
「宮、どうした? 私と美舟が交わる様を、見ていたいのか」
「ああ……っ」
 後ろから強く乳首を摘ままれて、美舟は思わず声を上げる。
 まるで罰を与えるような強さで摘まみあげられたのに、嵯峨野宮に愛撫をされていた体には、痛みより快楽が走った。
 指が離れると、じんとしたしびれと、物足りなさだけが残る。
「は…あ……」
 口を半開きにして、美舟は溜息のように息を漏らした。
 主上によって快楽を教えこまれた体は、与えられる愛撫に従順だ。
 痛くてもいい。
 美舟に対しての、なんらかの感情がこめられている行為であれば。
「……う…っ」
 嵯峨野宮を強引にねじりこまれている後孔は、ただでさえきつかった。
 そのうえ、主上にこんなふうに手ひどく快感を与えられると、どうしても反応をしてしまう。
「……どうした、美舟」
「あ……っ」
 主上が、そろりと後ろから美舟の顎を撫であげ、振り返るように促した。
「惚けたような顔をしている」
「……んっ」
 口唇を吸われて、美舟は小さく声を漏らす。
 達成感と虚脱感。そして、わずかな罪悪感。入り乱れた感情は、主上も気づいているだろうに、それを問いかけてくるとは、主上も意地が悪い。
「物足りないなら、私が愛でてやろうか」
「あ……っ」
 再び乳首をひねりあげられ、美舟は小さく喘ぎ声を上げる。
 今日の主上は、意地が悪い。
 それとも、久方ぶりに弘徽殿太后と対面し、気が高ぶっているのか。
 美舟が身をよじった途端、体内に収まったままの嵯峨野宮の欲望も、大きく膨れ上がった。
「美舟……っ」
 押し殺すような声で、嵯峨野宮は呻く。
「……おまえが主上の寵姫ということは分かっている。……だが、俺ともつながっているんだ」
 涙を流していたはずの彼だが、荒い息を抑えられてはいない。欲望まるだしの濡れた瞳が、美舟を射貫いた。
「俺のものになったんだ」  
 兄の寵姫に欲情したことに、嵯峨野宮は罪悪感を抱いている。それでも、その思いを捨てる気はないのだ。
 彼のほの暗い情念は、もはや妄執とも言えるのかもしれない。
 絡みつくような眼差しに、ぞっとした。
 この弟宮は、ただ哀れなだけではない。
 執着の深さ、強さは人並以上だ。
 美舟は恋を知らない。
 だが、執着という感情ならば理解できる。
 嵯峨野宮が自分に向けている感情も、それだということも。
「……っ、あ……!」
 下から大きく突き上げられ、弱い乳首を弄られて、美舟は髪を振り乱すように喘ぐ。
 二人の男に貪られながら、美舟は歓喜の声を上げた。

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり