新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

子犬なハニー

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

甘やかしたい、懐かせたい──愛してる。

出張中の留守を心配する過保護でブラコンな兄により、その勤務先の社長宅へ居候することになった小鷹。社長である御剣賢信は、無口だが何かと小鷹を気遣ってくれて優しい。持ち前の人懐こさと明るさですっかり御剣家に馴染んだ小鷹は、知らず知らずそんな賢信に惹かれていく。けれどある日の放課後、小鷹は学校内で何者かに襲われ、全裸の写真を撮られたあげく脅迫されて……。
立ち読み
 好奇心のまま、小鷹は握った手を上下に動かす。
同じ男だからどうすれば気持ちいいかは大体分かっているので、自分のにするように賢信のもいじってみた。
どんどん大きくなって、雄々しく聳え立つ砲身に、よくこんなものが入ったな?と感心してしまう。
小鷹がせっせと手を動かしていると、賢信が上体を起こして小鷹の分身に手を伸ばしてきた。
キュッと握られ、甘い声が漏れる。
「あん、くうっ」
触れられると、気が散ってしまって集中できない。せっかくもう少しというところまできているのに…と、小鷹は不満だった。
「どうせなら、一緒に達きたいからな」
キスをしながらそんなことを言われ、小鷹は笑みを浮かべる。
「がんばりますね」
どう考えてもうまいのは賢信で、我慢が利かないのは小鷹だから、一緒に達くためには小鷹のほうががんばる必要がある。
生真面目に気合を入れる小鷹に賢信はクスクスと笑い、意地悪くキュキュッと小鷹のものを扱きあげる。
「きゃう!」
いきなりの強い刺激に小鷹の腰が跳ねあがり、ビクビクと震える。
小鷹は恨めしそうな、ちょっと怒ったような視線を賢信に向けた。
「け、賢信さんは、あんまりがんばらないでください」
「可愛かったもので、つい」
「うーっ。一緒に達きたいって言ったの、賢信さんなのに」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり