新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

吉原艶情

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ただひとりの人のために、火を放った

特高警察の桐守は、酔い潰れたところを異邦人の男花魁・翡翠に介抱され、夢うつつのまま快楽を与えられた。国粋主義の桐守は屈辱に震えたが、吉原での調査に彼の手を借りるうち、その心と身体の温かさにどうしようもなく惹かれていく。しかし異邦人は排除の対象。特高に目を付けられた翡翠は、捕らわれてしまう。庇った桐守も捕らわれ、死と隣り合わせの牢中でふたりは──。
立ち読み
「大丈夫だよ。気持ちよくしてあげる」
「こんな、くだらんことは、自分は──ぁ、ん」
  窄まりを指先で捏ねられて、変な声が出てしまった。口を横に引き結ぶ。
  声を殺した代わりに、身体がビクンビクンと跳ねる。襞が意思に反して、翡翠の指になついていくのがわかった。
「開いてきた」
  その言葉とともに、指先が体内に入り込む。痛みはなかったが、桐守は咄嗟に蕾を閉ざした。そうするとよけいに指に入られているのが鮮明にわかった。浅い場所で指がくねる。
「っ、あ」
  ふいに性器に爆発しそうな疼きが起こる。
「いい?  このコリコリしてるのが青さんのいいところ」
「や、め、指を、どかせっ」
  そこから指を外させたくて、桐守は翡翠の肩に手をついて膝立ちになり、腰をくねらせた。それなのに、執拗に体内の凝りを捏ねられる。
「ぃ、っ、あ……ああ」
  果てそうになったところで、急に指がずくりと深くへ沈んだ。さすがに違和感が酷くて、内壁が自然と押し出す蠕動を始める。
  またそこで指がくねった。
「ん…」
  なにか、意識が朦朧とするような深い体感が起こった。
  目を閉じると、瞼が痙攣する。
「な、んだ」
「青さんの身体の秘密を、俺がたくさん教えてあげるよ」
  優しい声で言いながら、翡翠が指をずるずると抜いていく。指が抜けきると、桐守の腰はがくんと落ちた。足の狭間全体がジンジンしている。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり