新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

終わりのない片想い

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

恋愛になったら、駄目になる――

「ずっと一緒にいよう」と約束した幼馴染みの雅義と陽翔。高校卒業を機に、陽翔はいつしか恋慕に変わった気持ちを告白するが、振られてしまう。傍にいるのが辛くなった陽翔は、気持ちの整理をするため一年という期限付きで雅義から距離を置く。想いを忘れようと努めた一年後、再会した雅義は変わらず一番の親友として誰よりも陽翔を大切に扱う。募るばかりの想いが苦しくて……。
立ち読み
「俺には……陽翔、だけなんだ……」
  陽翔の手を、自身のこめかみに押し当て項垂れてしまった雅義から、わずかに身を引く。どうして、という言葉が、自然と口を付いて出た。
「どうして……おまえ、そんなに、俺に執着してんの?」
  他に友達がいないわけじゃない。この一年で、恋人だって出来ているかもしれない。
  それでも雅義は、陽翔という存在に固執する。
「他に、友達なんて……たくさん、いるだろ」
「陽翔だけだ」
  絞り出す陽翔の言葉を遮って、雅義ははっきりとそう告げる。
「陽翔なら、判るだろ。俺には、おまえしかいないって……」
「そ、そんなの……わかんねーよ」
「判ってるくせに、なんで俺のこと捨てんの?」
  こめかみに当てていた陽翔の手を、顔へと移動させていく。目元から鼻、頬、そして唇に掌が触れた。
  柔らかい唇を押し付けられて、寒気に似た感覚が陽翔の中に生まれる。目を細め、どうにかやり過ごそうと思うのに、感覚はすぐに熱へと変わっていく。
「ま、雅義、手を……」
「陽翔だけだ。陽翔がいたから、俺はどうにかやってこれたんだ」
「そ、んなの……知らな……」
「知らない?  本当に?」
「ま、雅義っ!」
  掌の上を、雅義の唇が上下に動く。その度に吐息が指の間を吹き抜けるのが堪らなかった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり