新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

悪夢のように幸せな

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

僕なしでは、生きてはいけないんだよ

膝の上で食事を口に運んでもらい、着替えさせてもらって素肌を重ねて濃密な愛撫で親愛の情を確かめ、その証として紅い痕を体に刻んでもらう──。幼い頃に両親を亡くし、親戚である柊慈と暮らす一希は、彼の深い深い愛情に浸り切っていた。だが柊慈の親友で暴力団若頭補佐の功に、無自覚ながら恋心を抱き始める。そんな時、柊慈が功を庇って負傷し、誘拐されてしまい……!
立ち読み
  かりりと乳首を噛まれ、痺れるような快感が全身に迸った。
  何年もかけて仕込まれたそこは平常時でも心持ちぷくりと膨らみ、ぬれぬれと紅く、少年にあるまじき色香を放っている。今では舌を這わされるだけで甘い疼きが走る立派な性感帯だ。
  さっきから虐められているせいで一希の雄は追い詰められ、ぽろぽろと涙を零して限界を訴えている。
  功を送り出し、二人で浴室に籠もってからはや一時間は経過しているが、柊慈はまだ一度も直接性器には触れてくれない。いつもなら一希が尻を振ってねだればいくらでもいかせてくれるのに。
「うう…しゅ、しゅうじさん、おねがい…いかせて、…っ」
  一希はぷるぷると頭を振りながら懇願した。
  両手は自由だが、自ら慰めるという発想は一希には無い。そもそも自慰の経験すら皆無なのだ。
  ソコは自分の身体でありながら、自分で触れてはいけない場所。用を足す時は別だが、いきたくなったら必ず柊慈にお願いしなければならない。
  精通を迎えた時、柊慈は優しく微笑んで一希の雄をしゃぶってくれた。そして一希が初めて噴き上げた精液を一滴残らず飲み下し、教えてくれたのだ。
  何もおかしくなんてない。そう、誰もがしていること。
  口に出さないだけで、誰だって家族や親しい人にこうしてもらっているのだ。裸の肌を重ね合わせ、親愛の情を確かめ合っている。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり