新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさん日誌

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

こんなに駄目カワイイ人は初めて…かも!  by 椹野道流

恋人の九条夕焼が店主を務めるフラワーショップの二階に、すっかり居着いた医師の大野木甫。九条に「甘やかす権利」をフル活用され、むずがゆいほどに甘い日々を送っていた。甫の弟でコッペパン専門店を営む遥も、甫の部下である深谷知彦と仲良く暮らしていて……。そんな四人の日常、ちょっと覗いてみませんか?  サイト連載ブログを改編+書き下ろし番外編も収録のお楽しみ本!
立ち読み
「残念ですけど、公園が駄目なら、ここでお花見をすればいいじゃありませんか」
「ここで?  桜も見られないのに、こんな狭い場所で四人集って飯を食うだけでは意味がないだろう」
  だが九条は、涼しい顔でかぶりを振った。
「いえいえ。ちゃんとお花見はできますよ。二階の茶の間に座卓を出せば、四人くらいなら押し合いへし合いにはなりませんし」
「それは……そうだが、ここの二階でどうやって花見をするというんだ?  窓からは、K医大の建物しか見えないぞ。生えているのは桜ではなく、イチョウだ」
  菜箸を置いた九条は、やはり笑顔のまま、腰に手を当てた。
「大丈夫です。大野木先生は、僕の職業をお忘れですか?」
「え……っ?」
「しばしお待ちを」
  そう言って台所から出て行った九条は、ほどなく両手に大量の桜の枝を抱えて戻ってきた。どれも、七分咲き程度に花が開いている。甫はそれを見て、目を剥いた。
「な……っ、そ、それは」
「はい、どうぞ」
「うわっ」
  九条は桜の枝をすべて甫の腕に預けると、さらりと告げた。
「桜ですよ。こんなこともあろうかと、何日か前に仕入れて、綺麗に咲くように調節していました。僕にも一応、花屋の矜恃というものがあります。僕がついていながら、あなたがお花見をし損じる……なんてことには耐えられませんから」
  甫は唖然として腕いっぱいの桜の枝を見下ろす。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり