新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

堕つればもろとも

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

これは、わたしの犬だ。

神の娘の証である黄金の髪を持つ珠玲は、男でありながら天姫として崇められていた。だが、祖国を救い成り上がった将軍・朔に嫁ぐことになる。すげなくしても一途な犬のように縋る眼差しで服従を誓うくせに、褥では餓えた獣のように珠玲を貪る朔。憎しみを募らせた珠玲は、敵国の間諜に騙され、毒を盛ってしまう。死に瀕してもなお珠玲に執着する朔は、心中を強いてきて……。
立ち読み
「ひっ…姫…!?」
「黙っていよ」
  探り当てたものは先走りで濡れそぼち、爪先がぬるりと滑る。気持ち悪いと思うより愉悦が勝った。いつも珠玲を穢すおぞましいものをいいように玩び、朔に切羽詰った顔をさせている。なんて心地良いのだろう。
「はっ、ひ、姫…どうか、おやめ下さい…汚れてしまわれます」
「ふん、いつも私を穢しているくせに、私から触れるのは駄目だと申すのか?  …やりにくい。そこに座れ」
  傲慢に顎をしゃくると、朔はさんざん躊躇った末に褥に胡坐をかいた。すっかり開いた単衣の裾からは逞しい下半身と、はしたなく勃起した性器が丸見えで、珠玲は嘲笑う。
「何故そこをそんなにしているのだ。申してみよ」
「ひっ、姫…」
「申してみよ。さすればそなたの願いを聞いてやらぬでもない」
  珠玲の囁きに巨根はドクンと脈打ち、浮かび上がった血管に血が漲った。どっと大量に零れ出た先走りが肉茎を伝い落ちていく。
  奔出する欲望に、男はついに屈した。荒い吐息混じりに告白する。
「姫の…姫のおみ足をしゃぶり、姫のおみ足に蹴って頂いたからです」
「は…っ。そんなに私の足が好きか。私に蹴られて興奮するのか」
「はい。…好きです、大好きです」
  そそり勃つ股間を隠しもせず、珠玲を狂おしく見詰めて男は断言する。
「好きです、好きです……好きです……申し訳ありません…」
  まるで愛の告白のようだと思ってしまった己を珠玲は叱咤した。この男は別に珠玲を好きだと言っているわけではない。ただ獣らしく肉欲に従っているに過ぎないのだ。愛情などどこにも無い。朔にも…珠玲自身にも。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり