新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ふるえる恋の声

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

傷つくだけってわかってる  でもきっと、逃げられない。

極度のあがり症の高校生・深澤由樹には好きな人がいる。相手は自分と正反対の自由奔放な同級生の境浩之。遠くから眺めているだけでよかったのに声が好きだと言われ、境と友人のような関係が始まる。けれど境を前にすると喋ることすらできず、近づかれると逃げてしまう始末。そんな自分に嫌気がさしていた由樹は、偶然境の想い人の存在を知り、彼の前で涙を零してしまい――。
立ち読み
(ほんと、猫みたいだ)
  以前、三吉に言われたことを思い出しながら、優しく頭を撫でてやる。しばらく俯いたまま視線をさ迷わせていた由樹だったが、不意に首を振った。
「由樹?」
「あ……の、触ら、ないで」
  さらりと流れる髪に促され、手をそっと引き剥がす。もっと撫でていたいと思ったけれど、今はそれよりも拒絶されたことで胸が痛い。
  戸惑いがちに瞳を揺らし、触れるのは駄目だろうかと彼を見る。見つめる先で、由樹は顔を赤らめたまま、わずかに顔を上げた。
  目はまだ合わせられないらしく、宙をさ迷っている。
「あ……と、嫌だったか?」
  これに由樹は弾かれたように顔を上げるものの、すぐに目を伏せると、ふるふると左右に首を振る。
  大きく息を吸い込みながら、全身に緊張をみなぎらせて口を開いた。
「こ、まるから……嫌、じゃないけど、困る」
「嫌じゃない?」
「ない。……でも、こ、困る」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり