新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

愛欲契約

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

私は君に奉仕したいんだよ

クスリを盛られたモデルの譲加を助け、疼く体をまさぐって犯した男・海良。所属事務所の新たなオーナーとして譲加の前に再び現れた彼は、「君を、作り変えたい」と、愛人契約を持ちかけてきた。先の仕事への焦燥からそれを受け入れるが、海良はまるで愛しているかのように譲加に尽くし、可愛がることを歓びとする。体奥を掻き回される悦楽と共に、心までも乱された譲加は……。
立ち読み
「こんなに硬くして……。いつもより、反応がいいな。甘やかされるより、こういうのが好きなのかね?」
「違う……っ」
  緊張しているせいで、敏感になっているだけだ。
  それくらいわかっているだろうに、海良はわざと酷い言葉をぶつけてくるようだった。
「違わないだろう?」
「ああ……っ」
  反り返った肉茎が、下腹につく。先端から、透明の滴を溢れさせながら。
  今にも達しそうだ。しかし、海良が縛めを解いてくれない限り、譲加は快楽から逃れる術がないのだ。
「も……う、だ……め……」
「ああ……。陰嚢も、今にもはちきれそうだね」
「ひっ」
  柔らかい袋を揉まれて、譲加はのけぞってしまった。頭が、海良の顎かどこかにぶつかる。
  陰嚢は、内臓が剥きだしになっているかのような、弱い部分だ。そこを虐められたら、一たまりもない。
「……やめ、もう……おねが……い……っ」
「ここも、好きなようだな。……でも、一番好きな場所は、ここだろう?」
「……くぅ……っ」
  奥まった小さな孔に指を突き立てられ、譲加は口唇を噛んだ。
「ほら……。もう開いた」
  海良に蹂躙されている秘所は、蜜が吹き上げる泉よりなお、快楽に弱い淫らな場所だった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり