新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

お花屋さんに救急箱

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺は、お前が……すこぶる好ましい……ッ

生花店店主の九条と、「お試し中」の恋人関係となった医師の甫。自他共に厳しく生きてきた甫は、九条に癒され愛され尽くされて、甘やかされる心地よさを教えられた。少しずつ心を近づけていくふたりだったが、九条のかつての片思いの相手が現れたことで、すれ違いが生じ始める。生真面目な甫は思い悩んだあげくに…。甫の弟・遥の恋模様を描く『意地っ張りのベイカー』も収録!
立ち読み
「……お前は、俺の羞恥心の限界突破でも狙っているのか?」
  恨めしそうな甫の非難にも、九条の幸せ顔は少しも揺るがない。
「あなたの羞恥心の天井が、低すぎるんですよ。……さあ、お返事は?」
  猫が喉を鳴らすような声で催促され、甫はやけっぱちの勢いで、九条のパジャマの襟を引っ掴んだ。そのままグイと引き寄せ、勢いのままに唇を重ねる。
  もう、何度となくキスは交わしてきた。だが、これは特別な想いを込めた、契約のキスだ。二人は互いの意志の強さを確かめるように、深く舌を絡め、互いの身体を強く抱き締め合った。
  最初こそ甫が仕掛けたものの、すぐに主導権は九条に奪われ、その器用な舌に、これまで知らなかったゾクッと来るポイントを探られる。
  前歯の裏側、歯茎との境目辺り……そんな部分をくすぐられると、遥か下方の腰に向かって電流が走るなどということを、九条と付き合うまで、甫は夢にも考えなかった。
  そう言うと、九条は「お医者様でも、人体にご存じないことはあるんですねえ」と笑ったものだ。
「ふっ……ん、んんっ」
  そんなことを思い出しながら、甫は息苦しさに耐え、九条のキスに必死で応える。苦しげにしている甫の顔が紅潮し始める頃、九条はようやく唇を僅かに離した。
  空気を求めて喘ぐ甫の濡れた唇を親指の腹で拭い、九条はみずからも軽く息を乱しながら、僅かに掠れた声で言った。
「あなたのお気持ち、確かに頂きました。ですから、僕の気持ちも存分に受け取ってください」

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり