新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

絶対零度の挑発

本を購入

本価格:648(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:667円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

どちらが抱くか、賭けをしようか

難攻不落なこの男を、啼かせてみたい――。サラディナ公国のミハイル公子と、その国を経済的に陥れる秘密任務についたエコノミストの加賀谷。国を賭けた策略を巡らす二人だが、お互いに強烈に惹かれ、相手を自分のものにしたいという欲望を感じていた。「君を抱きたい」「いや、抱くのは俺だ」しかし両者とも、本音は相手を押し倒したい。スリリングな恋の駆け引きに、普段はクールな加賀谷、そして遊び人のミハイルが、命を賭けるほどに、愛の深みにはまってしまい…?豪華ハート袋とじは、短編&特製ピンナップつき!
立ち読み
「挿れていいか?  ミハイル……」
「挿れたら、二度と……君に会わないぞ……っ」
  快感で朱に染まった目元を意識していないのか、壮絶な色気を伴って睨まれる。
  だめだ。
  引き摺りこまれる。
  瞬間、加賀谷は覚悟を決めた。この男を自分の手で何が何でも守ると―――。
  そしていつかその見返りに、この男のすべてを貰う。
「か……がたに……?」
  ジッと自分が見つめられていることに気付いたのだろう。ミハイルが不審げに加賀谷の顔を覗き込んできた。
「挿れさせてくれないなら、一緒に達こう」
「え……」
  途端、加賀谷はミハイルの手に自分の手を重ねた。
  ミハイルは加賀谷の欲望を握っていたのだが、一緒にミハイル自身の下半身も握らせる。
「っ……」
  二つの欲望がきつく擦り合わせられた。先端から溢れ出す体液が指先を濡らし、粘り気を生む。グチョグチョと、いやらしい音が更衣室に響いた。
「あっ……」
  激しく二人の欲望が猛る。どちらの熱なのかわからないものが、身体の芯を蕩けさせ、出口を求めて荒れ狂う。
「かが……た、に……そんなに……激し……く……っ……ああっ……」
  ミハイルがロッカーに背を預け、膝から崩折れそうになる。
「俺にしがみ付いていろ」
  そう言って、ミハイルの腕を自分の背中に回させる。プライドが許さないのか、ミハイルにきつく睨みつけられた。
  だが、彼が立っていられないのも事実で、ここで腰が砕けて床に座り込むよりはマシだと思ったらしく、渋々といった様子で、加賀谷の背中に手を回してきた。
「くっ……」
  加賀谷も限界が近かった。彼の吐息を首筋に感じ、ますます下肢に熱が集まるばかりだ。ミハイルも加賀谷の限界を感じ取ったのか、先端に爪を立て煽ってきた。射精を促されるように、刺激される。
「うっ……ミハ……イ……ルッ……」
  情欲に濡れた表情で、ミハイルが濃艶に笑みを向けてきた。ここにきて、彼は加賀谷に勝負を賭けてきたようだ。そのしたたかさに脱帽する。
  一筋縄ではいかない男なのだ。ミハイルという男は―――。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり