新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

わがまま天使を捕まえる確率

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

啼いて、蕩けて 俺のカタチに馴染むといい。

一流商社マンの京弥は忙しすぎて渇いた体を、行きずりの年下パイロット・歩武とのセックスで満たした。その後も気位の高い京弥を彼は巧みに煽り立て、深い悦楽に溺れさせる。凶暴な雄に揺さぶられ、今までになく昂ぶる体を持てあまし、京弥は悶え啼いたのだった。そんな折に自分の不注意で起こった、仕事上のミス。歩武にのぼせていたせいかと思うと、完璧主義の京弥は自分が許せない。つい歩武に「もう別れる」と怒鳴ってしまうが…。
大幅改稿+ラブvバースデー話書き下ろし。
立ち読み
「楽しませてくれるんだろう?」
  足を大きく開いた合間で、京弥の陰茎がいやらしく勃ち上がっている。さらにその下になる袋を京弥は自らの手で持ち上げて、奥にある秘処を見せつけた。
「もう、待ってる」
  ひくつくアナルを曝せば、歩武の瞳に欲望が滾るのを京弥は見た。
「早く、入れろ」
  そう言うと、欲情した獣がにやりと微笑う。
「熱いものを、ぶちこんでやるさ」
  猥褻なセリフと共に、秘処へと触れてきた歩武のペニスがそこを軽く押してくる。
  今にも入ってきそうな男根に、京弥は期待の声をこぼした。
「あっ……」
  それを焦らすように、熱い吐息が何度も身体のすみずみを這いまわる。
(はや……く)
  京弥が声にせず請うとそれまで散々焦らしてきた男の太いものが、狭い門扉をこじ開けてくる。
  ぐぷりと潜りこむ亀頭に、京弥は艶めかしく啼いた。
「あ、あっ……」
  肉を割るようにして、歩武の雄が強引に入りこむ。
「すご……い」
  京弥が歓喜の声をあげると、歩武の唇が耳元で囁く。
「歩武、って呼べよ」
  下肢をゆるく穿ちながら、歩武が名前を呼べと促す。その唇が、京弥の耳朶に熱い息を吹きかけるから、身体中に甘い痺れが走り抜けた。
「ああっ……んっ……歩……武」
  京弥は男の腰に細い足を絡めると、言われるままに男の名前を紡ぐ。
「歩武……歩武……っ」
  隆々とした筋肉の背中にしがみついて、京弥は何度も男の名前を呼んだ。
「可愛いな、京弥」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり