新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

求愛の指先に囚われて
~魔法ゲーム~

本を購入

本価格:590(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2009/04/10
    ISBN:
    978-4-8296-2427-2
書籍紹介

俺だけに淫らなのは、 いーんだよっ

ひどく性急な指が肌をまさぐり、優しくも強引に性感を一つ残らず曝いていく--。馨と恋人になれた真雪。だが馨に雇われている己の立場に、不安を感じてる。それを理解しない馨の享楽的な盲愛だけが、心の棘だった。ある日、もめ事解決屋の馨に舞い込んだ「黒魔術クラブの調査」の依頼。馨の役に立とうとショー潜入に立候補するが、頭ごなしに大反対。やっぱり判ってくれてない。悲しみと怒りで、真雪は一人でクラブへ向かい…。大改稿と番外編を加えた、思うが故に揺れる恋。
立ち読み
「……自分でやんの?」
  反射的に真雪は首を振った。そんなつもりじゃないのだ。ただ馨の視界を遮りたかっただけなのに。
「……じゃあ、やれよ」
  絶対絶対いやなのに、何故だか命じられると逆らえなくなる。いつも、何をされるときもそうなのだけど。真雪はそろりと指を動かす。
「……っ!」
「そう……もっと」
  ぬるりとした感触がある。ぐっしょり濡れているのがわかる。ますます恥ずかしくなる。それでも馨は膝を閉じるのを許してはくれない。煌々と光る枕灯が眩しかった。
(こんな明るいところで、目一杯脚を広げて……)
  何をやってるのかと思う。真雪はぎゅっと目を瞑る。片方の手で、はだけたシャツの裾を引っ張って隠しながらも、ぬるぬるとすべるそこを指先で擦った。
「……っ……」
  自分の指でも、さわればぞくっと来るものがある。馨の視線を感じればなおさらだった。馨は隠しているほうの手を掴んで剥がす。
「これはだめ」
「……ぁっ……」
(見られたくないのに……)
  見られてると思うと感じる。淫らだと思う。次第に擦る動きが早くなっていくのがわかるけれども、とめられなかった。背中が浮いて反る。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり