新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

甘熱い執着に囚われて
~キスの原罪~

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2008/07/10
    ISBN:
    978-4-8296-2402-9
書籍紹介

ホントはどんなイジワルな指だって許してる

セフレよりも温度の高い、でも恋人とも言い切れない曖昧な結びつきで、夜を共にする馨と真雪。馨は真雪を抱きしめて離さず、柔らかくて弱いところを甘熱いもので蕩けさせた。でも本当は『約束』が欲しい。もめ事解決屋の彼に惹かれて人が集まるから、気が気ではないのは真雪の方だ。今日だって馨の携帯に一通のメールが。悪いと知りながらV付の発信者名に、つい盗み見てしまうが、そこに書かれていたのは--。
切なさと艶を増した二人の恋、大幅改稿で登場!!
立ち読み
「おまえもさ……感じてるだろ?」
  と、馨は言う。
「ナカがさ……」
  真雪が気持ちよくなっているときと、痛いだけのときとでは、具合が違うからわかる、と言うのだった。痛いときはぎちぎちに固いのが、悦いときは同じキツいのでも包み込まれているような感じがして、襞がねだるみたいに自分に纏わりついてきて離れなくなって、絞りこまれて……。
「もう……そんな……言うなってば……ぁ……っ」
  恥ずかしいのと、酷く気持ちがいいのとで泣きそうになりながら真雪は訴える。締めつけると、中の確かな感触によけい感じてしまう。馨は聞いてくれない。
「……なんか……波みたいのが中にあってさ……抱いてても抱かれてるみたいな」
「あっ……あぁっ……」
  涙がぼろぼろと零れて、思わず瞼を閉じる。いったんそうしてしまうと開けなくなった。感じれば感じるほど、こんなところでしていることが恥ずかしくて、何故か怖くて……。誰かに見られたらどうするのかと思う。なのにその反面、見て欲しいみたいにも思えた。
  馨を達かさなきゃ、とかそんなのはいつのまにか頭から吹っ飛んで、自分がしたいようにしてしまう。少し動いただけでも不安定なバイクは揺れ、振動が深く伝わる。
「……あ……あっ……」
  自分じゃ動かないとか言っていたくせに、そのころになると、馨も微妙に真雪を揺すり上げるようにしはじめていた。両方の動きが合わさって、頭の中が白く焼けてきて、馨だけに縋って――
  微かに目を開けると、馨の肩に血がにじんでいた。いつのまにか本当に爪を立ててしまっていたらしい。きちんと切りそろえててもこんなふうになるんだ、と思う。その赤い色に惹きつけられて、真雪はそっと舌を伸ばす。
「あっ……」
  その瞬間、馨が深く突き上げてきた。
  体内に迸りを感じ、真雪も押し上げられるように昇りつめていく。そしてぱったりと馨の胸に倒れ込んだ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり