新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

わがまま王子のパルファン

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

甘い匂いの瞳もホントに甘い唇もたべ尽くしたい。

素直でポジティブな祐介が、心の底にしまい込んだ棘。それは、高校時代の尊大な態度と美貌の先輩、鷺宮真理に嬲られ、泣き喘ぎながら恋を知った瞬間の哀しくて苦しい棘だった。8年後、二人は天才パフューマーと会社の命運を背負った営業として、思わぬ再会をする。気づくと、祐介は美しく激しい瞳に射抜かれながら、身悶えする悦楽に蕩かされ─!  蜜で搦め捕るような濃厚な愛撫とは裏腹に、真理は冷ややかに嘲笑いながら「お前が──代償に自分を差し出したんだ」と囁くが!?
立ち読み
「お前は、俺と契約を交わす代わりに、自分を差し出したんだ」
「……差し出す……って」
  全然覚えがないと、首をゆるく横に振る。すると、真理はまるで覚えていないことを責めるように、下肢を一つ大きく突き上げてくる。
「んっ!」
  祐介が喘ぎをこぼすと、蔑みを浮かべた口調を向けられた。
「お人よしは相変わらずだな、祐介」
  祐介が、行為で潤んだ黒い瞳をやると、酷薄そうに見える真理の唇がいってくる。
「自分から進んで会社の犠牲になるなんて、お前はバカだ」
  なぜ、真理から軽蔑を向けられるのか、祐介にはわからなかった。
(俺は……なにをいった?……)
  こうして身体を繋ぐことになった原因を自ら発したのだろうか?  と、祐介は忘れてしまった記憶に固唾を飲む。すると、こちらの不安を悟ったのか、真理の唇が微笑を作ってみせた。
「せいぜい、俺の機嫌を損ねないようにするんだな」
  そのまま、ぐっ……と深部を突かれるから、祐介は呻き声をあげる。
「くっ……!」
  話をすることで思考が回りだしたのと同時に、鈍かった感覚も戻ってきたようだった。
  グヂュッとした水音をたてながら穿ってくる男の肩を、祐介は押し返そうと力を入れる。
「やっ……痛いっ、いやだ……っ」
  とにかく一度、離れてほしいという意思を示したけれど、受け入れられることはない。それどころか、さらに深部を突かれるから祐介は声をあげた。
「ああ……っ、くる……し……いっ」
  太い異物に体内を犯されることが苦しくて、眉を弱く寄せて訴える。
「やだ……っ、抜い、て……っ」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり