新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

服従のキスは奪わせない

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

男の味を、教えてやるよ

自ら弄った中に雄を穿たれ、イかされる──。議員の悪事を追求する検事の悠斗は、口封じ に人身売買オークションへ掛けられることに。座敷牢に全裸で監禁された悠斗を性奴として調教するのは、議員秘書として再会した親友・玲一だった。「おまえの快感すら、俺のものだ」いましめられた性器弄ばれ、悶え啼く屈辱。それでも悠斗は信じていた。彼が時折見せる優しく情熱的な態度に嘘はない、この陵辱は、自分を逃がす機を窺うためのものだと……。 美形検事が堕ちた、甘狂おしい愉悦の罠!

立ち読み

  何をされるのか本当にわからなくて、悠斗は首を傾げる。
  悠斗がようやく玲一の意図を察したのは、彼が後孔にシャワーを押し当ててきてからだった。
「いやだ、やめろっ!」
  指で後孔を押し開かれ、勢いよく湯を注がれる。悠斗は顔色を変え、玲一を制そうとした。
  しかしもちろん、玲一はやめてくれない。それどころかますます、悠斗の中に湯を注ごうとする。
「……っ、ひ……っ」
  玲一の精液を注がれたときの感触を思い出し、悠斗はぞっと背中を震わせた。
「いやだ、やめろ。やめてくれ……!」
  中に湯が満たされていき、腹が苦しくなりはじめる。柔らかな肉壁に飛沫があたる感触というのは独特で、今まで知らなかったものだ。
  悠斗は狼狽して、必死で湯を中に入れないようにしようと、腹腔を閉めたり、後孔に力を入れたりする。けれども、結局は玲一の力強く傲慢な指の力には勝てなかった。
「……っ、あ……いやだ、や…………」
  湯での陵辱に、悠斗は全身を紅潮させた。信じられない。こんな扱いを受けることがあるなんて、想像すらしたことがなかったのだ。
「や……っ、ひ……あ………」
「いやじゃないだろう?  たっぷり飲んだな」
  ようやくシャワーのノズルを引いてくれた玲一は、悠斗の下腹部に手のひらを押し当てた。
「あ……」
  悠斗は、恐怖で顔を青ざめさせる。
  彼の手のひらの下で、自分の下肢がひくんと波打ったのがわかる。
「中から、白いのが出てこなくなるまで、綺麗に洗浄してやろう。調教初めだしな」
「やめ…ろ……」
「捨ててしまえ、羞恥心もプライドも」

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり