新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

パパは大変!

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

このタフな副社長の相手を毎晩……。

「君の乱れた姿が見たい。喘ぎ声を聞きたいんだ…」年下の副社長・高原に甘く囁かれる、バツイチ子持ちの香園寺。迫る彼から逃げて帰宅すると、息子の睦実が先輩(♂)とHの真っ最中だった。二人の仲に反対した香園寺は、言い争いの末、睦実と共に階段から転がり落ち──中身が入れ替わってしまった!? 仕方なく睦実の姿で学校に行けば、先輩からのアプローチをかわすので精一杯。おまけに高原は睦実(体は自分)に迫ってくるしで、もう大変!! 愛に目覚める、パパの受難ハート
立ち読み
「んんっ、あっ、ああっ」
  横を向いて背後からのものを受け入れるのは、思ったより体に負担が少ない。そのせいだろうか、そこにばかり意識が集中してしまった。
  なんだろう、この感じ。いつも途中でおかしくなる。頭が真っ白になってきて、体が勝手に。
「あぅっ、あっ、ああっ」
  ああ、体が欲しがってしまって、奥まで飲み込もうとしていく。
「うっ、ふっ、あ……」
「ミルクの飲み方…どんどんうまくなっていくな」
  副社長の手が、私の体をまさぐり始めた。
  乳首を摘まれるともう駄目だ。自分でも腰が小刻みに動き出しているのが分かる。
「ああ、あっ、さ、触らないでください。おかしくなるから、もう何もしないで」
「何もしない訳にいかないだろう?  こんなに素敵な反応があるのに」
「あんっ、やっ、ああっ」
  ぐいぐいと奥まで入れられて、ふっと意識が遠のいた。
  睦実の笑っている声が、聞こえたような気がした。
  愉しそうに笑っている。きっと工藤君と愉しい時間を……。
「学校…行かせないと…いけないのに…ああっ、なんでまたこんなこと…あっ、ああ、いい、あっ、だ、だめですっ、そこはっ、ひっ!」
  そこに触れられただけで、私はあっさりとまたいってしまった。
  睦実の体とは違う。もう若くない。
  なのに無尽蔵にあるかのように、白濁したものが体の中から出てくる。
  なくした分を取り戻すつもりか、私のそこは激しく収縮して、副社長のものを飲み込もうとした。
「んーっ、んっ、こんなにいいとは…思わなかった」
  副社長の掠れた声が聞こえ、続けて私の中に生暖かいものが満ちていく。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり