新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

かりそめの恋人

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2005/11/10
    ISBN:
    978-4-8296-2305-3
書籍紹介

慰め合うだけの契約 悪くないだろう?

天才外科医・芳隆の許に、雨の日濡れそぼった姿でやってきたのは、ライバルの沙也。突然彼は「別れた恋人の代わりに、抱けよ」と白磁の身体を投げ出してきた。戯れに病室で裸に剥いて、露わな体勢で貫いたが、身体の最奥まで震わせながら沙也は抗わない。キスに無心に応えてくる。そんな彼の従順さが、芳隆にはいじらしく映ったが、自分に抱かれる彼の真意が読めず、優しくできない。それでも雨に濡れた彼の儚さに、思わず手が伸びて…。打算と駆け引きに慣れた大人の、純情。
立ち読み
  背後から屹立をあてがう。
「ひっ…や、ぁ…っ…!!」
  腰を沈み込ませれば、異物感に沙也が息を詰まらせる。
  大切に抱くつもりなどなかったから、一息に牡芯を埋め込もうとした。だが、思ったよりも沙也の襞の抵抗は強い。
「くっ…」
  後孔がすんなりと芳隆を受け入れることはなく、芳隆自身もきつさに眉を顰めた。
  前の恋人と勝手が違うのだろうか。
  狭い。
  芳隆のものが食いちぎられてしまいそうだった。
  仕方なく芳隆は前に手を伸ばすと、中途半端に煽られたままだった分身に指を添える。
  快感でごまかしながら腰を押し進めれば、強張りがほぐれていくのがわかる。
  緩い突き上げを繰り返しながら、すべてを埋め込んでいく。
  沙也の肉壁が絡みつく。熱く、芳隆の芯を蕩かせた。
「ん…あ…あぁ…っ」
  最奥まで、屹立したもので、芳隆は沙也を深々と貫いた。
  ぎこちなく吸い付いてくる襞の締め付けに、眩暈がした。
  がくがくと震える身体は、もしかしたら苦痛を感じていたのかもしれない。
  だが沙也は、つらいとも、きついとも洩らさなかった。
  涙も零さなかった。
  しかし、沙也の身体を気遣うつもりはなかった。
  行都の代わりなど、いらない。
  誰も行都の代わりになど、ならない。
  これは…二人に新しい恋人ができるまでの…慰め合うだけの契約なのだ。
  行都の名を軽々しく口にする沙也など、どう扱ってもいいと、芳隆は思っていた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり