新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

職員室のイジワルなプリンス

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺のこと、好きでたまらないんだろう?

誰よりもイジワル、だけど悔しいほどにハンサムでセクシー。そんな鬼畜教師・日浦に、新任教師の月島は、不幸にも赴任先の母校で再会してしまう。「お前を泣かせていいのは、この俺だけだ」甦る恥ずかしい過去――それは、旧校舎の屋上で、日浦に脅されながら淫らなことをされて感じまくってしまったこと! 日浦は相変わらず凶暴でひどい男なのに、なぜか月島はドキドキしてしまって……。ケダモノ鬼畜教師×ボケボケ美人教師、ハラハラ禁断の放課後ハート
立ち読み
「……ダメ……ああーっ!」
  チュウッとワイシャツごと強く吸い上げられて、不思議なほどの快感が身体を走る。
「……ああーっ!」
  僕の身体が勝手に震え、腰がヒクリと揺れてしまう。
「そんな甘い声を上げて、腰まで揺らして」
  日浦が、すごくイジワルなことを囁いてくる。
「どこが誘惑していないって言うんだ?  ああ?」
  その言葉はすごくイジワルなのに、その声は鼓膜が蕩けてしまいそうにセクシー。
  そのまま耳たぶにキスをされて、僕の理性まで蕩けてしまいそうになる。
  彼の手が僕の身体を滑り降りる。スラックスの前立てのボタンを外し、ファスナーをわざとのようにゆっくりと開いていく。
「……ああっ!」
「ほら、言ってみろ。『ごめんなさい、もうしません』だ」
  彼の手が、下着越しに僕の屹立の側面をそっと辿る。
「……あ、ああ……っ」
  ほんの少し胸を愛撫されただけなのに、僕の屹立ははしたなく勃ち上がり……。
「言えよ。でないと、ずっとこのままだぞ」
  彼の指が、僕の先端にたどり着く。
「……や、ああ……っ」
  指先で先端に円を描かれて、自分が勃てているだけでなく、たっぷりと蜜まで漏らしていたことに気づく。
「……う、ああん……っ!」
「身体は正直だ。俺に抱かれたくて、もうヌルヌルじゃないか。……謝れ。『これからは男に気をつけます』と言うんだ」
「……やっ、だって僕は……っ」
「ったく、強情なやつだな」
  日浦が顔を下ろし、ワイシャツごと、僕の乳首を含む。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり