新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

華やかな野望の果てに

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/09/10
    ISBN:
    978-4-8296-2252-0
書籍紹介

あなたを守るためだけに──俺は、ここにいる。

美貌のエリート・孝彦のボディガード兼秘書となった日下部は、彼の裏の顔を見てしまう。それは──華奢な身体に残された、緊縛の痕。愛人の子である孝彦は、腹違いの兄のために、男娼まがいの仕事をしていたのだ。気丈に耐える孝彦だが、次第に日下部には心を許し、甘えてくる。「あなただけは、信じてます」熱く潤んだ眼差しで見つめてくる孝彦に、日下部は激しい恋情を抑えきれなかった。助け出したい。日下部は激情のまま、ある決断をするが…。
立ち読み
「専務……」
  華奢な肩が、嗚咽を堪えて俺の胸で震えている。その震えを止めてやりたくて、俺は両手で彼の肩を押さえ込もうとし――気づけば俺の手は彼の肩を滑り降り、その背をしっかりと抱き寄せてしまっていた。
「………っ」
  胸の中で孝彦が、びく、と身体を震わせたのに、俺は自分の無意識の行動を気づかされ、慌てて彼の背から腕を解いた。
「…すみません…」
「……いや…」
  孝彦は俯いたまま、俺から身体を離した。涙の雫が煌きながらぽたぽたと敷布へと落ちていくのを、俺は呆然と見つめていた。
「……悪かった」
  酷く掠れた声がした、と同時に孝彦が顔を上げた。
「……っ」
  睫に涙の雫を湛え、俺をじっと見上げた孝彦が、無理にまた笑ってみせる。再び盛り上がってきてしまった涙を堪えようと孝彦が俯き、再び、
「悪かった」
  と告げたとき、俺は思わず彼の背を力一杯抱き締めてしまっていた。
「………日下部さん…」
  くぐもった孝彦の声が胸の中で聞こえ、また俺のシャツの胸に彼の熱い涙が染み込んでいく。
「専務……」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり