新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ふしだらな駆け引き

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/03/10
    ISBN:
    978-4-8296-2234-6
書籍紹介

狙った獲物は逃がさない!

敏腕ヘッドハンターの霧生が狙うのは、美貌のシステムエンジニア・園田。転職を勧めようとしたが、言い争いの末、強引に抱いてしまう。恋愛恐怖症の園田にとって、身体を目覚めさせた霧生は憎い男。なのに見つめられると身体が火照り、疼き出す──こうなったら、霧生にこの償いをさせてやる! と、園田が突きつけた条件は「望んだときに抱く」ことだった!! しかし、霧生の真摯な言葉と濃密な愛撫は、園田の頑なな心をとかしていき……? 甘く淫らなオトナの駆け引きハート
立ち読み
「私を怒らせた罰だ」
  霧生は不敵な笑みを浮かべた。その顔はまるで、怖がる獲物を前に、舌なめずりをしている獣のようだ。
  つかの間、大きく胸を上下させている園田を見下ろし、それから霧生は顔を隠す眼鏡に手をかけた。
「や……めろっ……」
  よほど素顔を見られるのが嫌なのか、園田は眼鏡が外された瞬間、思いきりそっぽを向いた。
  だが、霧生はそんな抵抗をものともせず、園田のあごを片手で掴んで、顔を正面 に向き直らせる。
  園田はキュッと目を瞑ったまま、なんとか逃れようと激しく頭を振るが、霧生はあごを掴む手を離さない。
  ボサボサの髪がシーツの上に広がり、眼鏡もない今は、園田の顔全体がはっきりと見て取れた。
「ほう……」
  思った以上の美形に、霧生はつかの間、見惚れていた。
  肌は透けるように白く、艶やかな陶磁器を思わせる。閉じた瞼は皮膚が薄く、長い睫 がくっきりと目元を縁取っていた。
  緩やかな弧を描く薄茶色の眉は、まるで人の手が加えられたかのような優美さがある。
  眼鏡越しに見た顔は、ちょっと興味をそそられる程度だった。ところが、園田の素顔はなんとも素晴らしい。想像以上の美形に、霧生は我知らず胸を高鳴らせていた。
「なんでこんなイカサない眼鏡をかけてる?  綺麗な顔をしてるのに」
「大きなお世話だ」
  不機嫌な声を上げた園田が、キッと睨みつけてきた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり