新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさん日誌③

本を購入

本価格:620(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:620円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

 ベッドはダブルベッドです!それだけは絶対に譲れません!(by九条)

 医師の甫が恋人の九条に「甘やかす権利」をフル活用され、日々を過ごす九条宅。そこを、ふたりが添い遂げる場所にしようと、ついにリフォームすることに。工事中、甫のマンションで暮らすことにしたが、なんだか新婚生活のようで気恥ずかしくて……!?甘くて幸せいっぱいな日常、ちょっと覗いてみませんか?サイト連載ブログを改編+書き下ろし短編も収録、待望の第三弾!
立ち読み
 「済まない、食べて出ていくだけで、準備も後片付けも手伝わなくて」
 朝食のトーストをかじりながらそう詫びる甫に、エプロン姿の九条は「何を仰ってるんですか」と呆れ顔で笑った。
「あなたは通常勤務ですが、僕はリフォームの間、花屋を休業していますからね。人生初の専業主夫生活を満喫する予定なので、家事はどーんと僕に任せてください」
「せ、専業、主夫? いや、まあ、確かにそうだが……」
 思わぬ言葉を聞いて目を白黒させる甫に、カフェオレをたっぷり注いだマグカップを手渡しながら、九条はにこやかに言葉を継いだ。
「しかも人生初のマンション暮らしが加われば、ちょっとした団地妻気分です」
「ぶッ」
 さらにとんでもない発言を聞くなり、甫はカフェオレを噴き出しそうになり、危ういところで踏みとどまる。
 そんな甫に構わず、九条は心底楽しげに、うっとりした顔つきでテーブルに頬杖をついた。
「一度、専業主夫というものを経験してみたかったんです。ここにいる間は、いつもよりずっと手の込んだ食事を用意しますから、楽しみにしていてくださいね」
「……いつもの食事で十分過ぎるほどだが、そう言ってくれるなら、楽しみにしておく。ごちそうさま。そろそろ出ないとな」
 いつものように軽く頭を下げてきちんと挨拶をすると、甫は慌ただしく立ち上がった。久しぶりの電車通勤なので、少し気が急いているのかもしれない。
「はい、お気をつけて」
 自分も席を立った九条は、甫を玄関まで見送りに立った。
「お弁当は、バッグに入れておきました。今日は少し汁気が多いので、出来るだけ真っ直ぐ持って行ってくださいね」
「わかった。そうしよう。では、行ってくる。主夫生活を楽しむのはいいが、あまり無理をしないようにな。せっかく店を休めるときくらい、ゆっくりするといい」
「ありがとうございます。僕はマイペースで家事を頑張りますから、先生もお仕事頑張ってください。深谷さんに、くれぐれも昨日のお礼をお伝えくださいね」
「ああ」
 上がり框に立った九条は長身を屈め、「いってらっしゃい」という言葉と共に、甫の頬にキスをした。
 
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり