新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働くおにいさん日誌②

本を購入

本価格:620(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:620円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

 添い寝は……その、嫌なわけではないのが困る!(by甫)

フラワーショップの店主・九条に「甘やかす権利」を存分に履行されている医師の甫。朝から晩まで好きだ好きだと言いまくられ、まだまだ不器用だけれども、少しだけ甘えることに慣れてきた。甫の部下である深谷と暮らす弟の遥も、よく遊びに来て……。賑やかながらも穏やかで甘い日常、ちょっと覗いてみませんか? サイト連載ブログを改編+書き下ろし短編も収録、待望の第二弾!
 
立ち読み
 「もしかして、全然眠れなかったの?」
 知彦が問いかけると、遥は叱られ坊主のような顔でこっくり頷く。
「駄目じゃないか。ちゃんと寝ないと、せっかくパン生地が膨らんでくれても、遥君がベストの力を出せないよ?」
「わかってるけど!」
 決まり悪そうな膨れっ面が可愛くて、知彦は苦笑いで、遥の縺れた柔らかな髪をクシャクシャと撫でた。
「あと二時間足らずだけど、九十分睡眠って悪くないらしいから、頑張って一寝入りしようよ。な?」
 しかし遥は、餌を食べ過ぎたハムスターのような顔のまま、上目遣いで深谷を見る。
「そんなこと言われたって、プレッシャーで眠れないよ!」
「もう。遥君は、いつも剛胆なくせに、変なところで繊細だからなあ。いいから布団に戻ろう。ほら」
「うー。戻っても眠れなーい!」
「大丈夫。ほら、行くよ」
「うう」
 まだグズグズ言う遥の手を取り、優しく引っ張りながら、知彦は寝室へと戻った。遥はいかにもトボトボとついてくる。
「横になって目をつぶるだけでも違うんだから。布団に入りなよ」
「…………」
 遥はやはり難しい顔で、なおもしばらく突っ立っていたが、やがて自分の枕をヒョイと拾い上げると、知彦の布団にもぞもぞと潜り込んだ。早く来いと言いたげに、知彦の枕をバシバシと叩く。
 唖然として見守っていた知彦の苦笑いが、ますます深くなった。
「もう。まあいいや、遥君が寝てくれるなら」
 そう言って、知彦は自分も遥の隣に身を横たえた。仰向けに寝ころんだ知彦のトレーナーの胸に、遥は半ば乗り上げるように身を寄せてくる。
 そのほっそりした体と自分に布団を着せかけ、知彦は片腕を遥の背中に回した。
 
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり