新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

それは初恋すぎるでしょう。

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

 手を握られて、顔が熱くなった。これがオッサンの反応かよ!?

 デザイナーの迪と銀行に勤める阿川は、二十年来の付き合いだ。高校生の時には、ドキドキしながら手をつないで歩いた。ずっと側にいて親友以上に大切、けれど恋人未満。そんな存在なのだ。大人になった今、胸に燻る想いを計るように、阿川は意味深なことを言う。迪もまた試すように彼を見つめる。十代の頃のように、恋の情熱で突っ走るなんて、怖くてできずにいたが……。
立ち読み
 「俺にはミチの作品を、一刻でも早く手にする権利がある。そうだろう?」
「意味がわからん。なんだ、その権利って。どこから出てきたんだ」
「あるだろう、俺にはその権利が。んん? あるだろ?」
「おまえが、俺に?」
「二十年、おまえのそばにいる俺だから、の権利だ」
「…ああ……、ある、かも……」
 迪はあやふやにうなずいた。二十年、阿川は迪の、迪は阿川のそばにいる。物理的な距離ではなく、心の距離として、この二十年、一度も遠く離れたことはない。それは親友という簡単な言葉ではくくれない、なにかもっと濃密な感情を互いに持っているからだが、そういう関係を端的に言い表わす言葉が見つからない。あえていうなら、恋情、になるのかもしれない。けれどそれをわざわざ相手に確認できる歳では、自分たちはもうない。
(だいたい確認てなんだよ。千鶴にも元カノにも、付き合う前に、好きなんだけど、なんて告白したこともないよ)
 女性とは、なんとなくお互いに好意を持って、デートを重ねて、これは付き合ってるよなと確信できた時に、ちゃんと付き合ってほしいと、相手を安心させるために言葉にして気持ちを伝えてきた。阿川を相手に、それをどうやればいいというのか。
(二十年だぞ、二十年。歳なんか、もう三十五だ、オッサンだ。中年だぞ。お互い彼女がいて、結婚だって考えてるんだ)
 でも、迪にとって阿川は、死ぬまでそばにいてくれなければ困る存在だし、阿川も同じように思ってくれていることはわかる。しかし、だからこそ、二十年も互いの一番身近にいるというこの関係を、どう言い表せばいいのかわからないのだ。
(十七のあの時なら。自分のことさえ考えていればよかった、あの時なら。俺はたぶん、おまえに言ってたよ、阿川。好きだってさ)
 だがそのタイミングを逸してしまったのだ。たぶん、もう永遠に。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり