新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

恋するドラゴン黒ハートハート

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2008/06/10
    ISBN:
    978-4-8296-2397-8
書籍紹介

無垢でセンシュアル、ただひとつの愛しい宝石

志乃滝勇気と弟が住む古ぼけた洋館に、雷と共に落ちてきた美貌の不審者、ルカ。王子様のような気品と無邪気なほどの非常識。どうやら人智を超えた高貴で尊いいきもの…らしい…?  謎だらけのルカは、蜜の囁きと甘い毒にも似たくちづけや愛撫で勇気を喘がせる。だが勇気は享楽も真摯な愛情も否定する。彼は、ある哀しみを抱いて必死に何かを護っているのだ。その哀しみが更なる事件となり勇気を襲った時、ルカは奇跡の─!?  ここ、から。信じられない恋が始まる!!
立ち読み
  他人の愛撫がこんなに感じるものだと、勇気は今まで知らなかった。
  彼はルカの胸に顔を押しつけたまま、低く小さな声で喘ぐ。
  雄からはとろとろと先走りがあふれ出し、ルカの愛撫で淫靡な音を響かせている。
「ルカ……もっと強くしてくれないと……俺……っ」
  体内で渦巻く熱を放出して楽になりたい。
  勇気は必死の思いでルカにねだる。
「もう少し、勇気の感触を味わいたい」
「そんな……っ、俺我慢できない……っ……ルカ、ルキウス……もうダメだって……っ!」
「もっと私の名前を呼んでくれ」
「ルキウス……もう許してくれ。誰かに触られるのは初めてなんだ……だからもう……っ」
  恥ずかしくてたまらないのに、さっきから腰が揺れて止まらない。
  勇気は激しい快感にどうしていいから分からず、自分を焦らしている相手の名前を呼び、哀願した。
「愛しい君。最初はこれくらいにしてあげよう。だが、次はもう少し耐えてくれ」
  ルカは勇気の髪にキスをして、彼を解放する。
「───────っ!」
  勇気は唇を噛み締めて体を震わせ、ルカの手の中に勢いよく射精した。
  ルカは熱い迸りを満足そうに見つめ、再び勇気の髪にキスをする。
「声を抑えなくてもいいだろうに」
「あ、あ……?」
  勇気にルカの声は聞こえていない。
  達したというのに、彼の体は未だ甘い熱に侵されていた。
  その証拠に、勇気の雄は萎える気配を見せない。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり