新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

清純ナースハート純愛中

本を購入

本価格:476(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/04/25
    ISBN:
    978-4-8296-5427-9
書籍紹介

ご奉仕…します

清純で真面目なナース、佐伯綾人の勤める病院に、人気テニスプレイヤーである沢木剛毅が入院してきた。綾人と沢木はかつて恋人同士だったが、沢木の将来を想い、綾人は身を引いていた。わざと、ひどい振り方をして……。かつての裏切りの代償として綾人に与えられたのは、病室という密室での恥辱の日々だった。娼婦のように扱われても、好きだという気持ちは告げられなくても、体だけでもつながりたい。ミダラで純粋な恋の行方は!?
立ち読み
「……っ、もう、……ゆる…してください」
  鼻にかかった泣き声は甘ったるくて力なく、誘ってるようにしか響かない。沢木が綾人を背後から抱きすくめながら、低くささやいた。
「本当にやめて欲しいのか?」
「……やめて…くださ……っ」
  口では否定するものの、身体は裏腹に沢木の指に反応している。
「だったら、これは何?」
  沢木は笑って、乳首の硬さを実感させるように指先を小刻みに動かした。小さな粒がツンととがって、指先を淫らに押し返す。とがるのに比例して感度も上がり、呼吸すらできなくなるほどの乳首の快感を思い知らされて、綾人は息を乱した。
「いやです。助け……て……っ」
  声が震えてしまう。両方の乳首を一緒になぶられ、引っ張られる。自分の知らなかった快感を引きずり出されるのが怖かった。沢木の腕の中で、身体がどこまでも溶け崩
れて、力が完全に抜けてしまう。抱きすくめる沢木の腕の感触が気持ちよくて、逆らえなくなる。自分がどこまで沢木のことを好きなのか、思い知らされた。
「本当に助けて欲しいの?  もっとひどいことをされたいんだろ?」
  乳首をねっとりとなぞられて、綾人はあえぐことしかできない。
「プライベートナースってのは、こういう相手もするの?」
  しない、と言おうとして、綾人は言葉を飲みこんだ。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり