新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

社長室は愛に滴る

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

俺とセックスするのがお前の仕事だ

新社会人の春樹は、幼なじみの有也が経営するおもちゃ会社に就職した。夢いっぱいに出社した春樹だが、有也の会社が、大人のおもちゃ専門と知り衝撃を受ける。しかも新製品開発のため、有也とセックスするのが仕事という。そんな仕事はできないと社長室にのりこむが、有也は研修と称して春樹を強引に犯すのだ。子供の頃から、帝王のように傲慢な有也に逆らえない春樹だが、有也の夜のおもちゃに改造されまいと、謀反を計画する。
立ち読み
次の会議は一時間で終わるから……、その間お前には、研修を受けてもらおうか」
「研修?」
  声を出しすぎたせいで、掠れて喉が痛い。
「一番ノーマルなバイブを入れてやるから、俺が戻るまで絶対抜くなよ。まぁ、その格好じゃどこにもいけないだろうが、俺が戻る前に、もし、出ていってみろ……後悔させるぞ?」
  ここまでして脅迫していくというのなら、もういっそ「バラすぞ」といってくれたほうが楽かもしれない。
  特別なことはなにもしていないというような様子で、俺のお尻の中にピンク色のバイブローターを埋めこんでから、有也さんは社内会議に出席するため、社長室をあとにする。
  素っ裸で、床の上に直接座らされた。バイブローターが、まるごとお尻の中に入ってしまう。
  手を背中へ回した状態で、センターテーブルの脚に手首を、ネクタイで縛られた。
  テーブルの上には、俺たちが飲んでいたワインのグラスがそのままになっている。俺が逃げようと暴れれば、グラスが倒れ、床に落ちてしまうだろう。
  逃げようとしなくても、別の理由で体が動いてしまう俺としては、ボトルとグラスが落下しないよう、祈るばかりだ。
  俺は広い空間の中に放置され、一人で悶え、喘ぎ、二度三度と射精し続ける。
「は……っや、やだ、や……」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり