新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

狂おしく恋に堕ちる。

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/01/10
    ISBN:
    978-4-8296-2228-5
書籍紹介

何度、体をつないだら──想いが通 じるだろうか。

斎と近衛の出会いは最悪だった。「どうせ金めあてだろう」泰洋銀行の後継者・近衛は妹とつきあう斎を侮辱し、その唇を乱暴に奪った。激しく感じながらも、屈辱に震える斎だったが、父の会社が倒産の危機に陥り、さらに近衛の前で膝を折るはめに! 彼が融資提供の条件として要求してきたのは──斎の身体。「犯されるのが似合う顔だ」傲慢な男に嬲られ、狂おしい欲望が斎を苛む。近衛には婚約者がいるのに、金で買われた関係なのに……なぜ、こんなにも心惹かれてしまうのだろう?
立ち読み
「さあ、言え。この体で誰をたらしこんだんだ」
「誰でもない、し……っ何もしてない…っ」
  斎は水音に負けないような声で、ひたすらに訴えるしかない。
  鬱血一つで疑われたことより、反論の言葉を聞き入れてもらえないのがつらい。信じるに値しないと、近衛に思われている。
  シャワーに打たれながら、斎は身をよじって近衛を振り仰ぎ、泣きたいような気分でしがみつく。その首に腕を回し、爪先立ちになって近衛をかき抱く。肌が粘膜がなつかしいように彼を慕い、その瞬間、もう気持ちをごまかせなくなった。
  近衛が好き、だ――。
  融資の形に体を奪われ、その卑劣なやり口が腹立たしくて、近衛への想いを抑え込んでいた。反感を糧にずっと否定し続けながらも、心の底では彼のものになることを望んでいた。おそらく、初めて会ったときから。
  彼に蔑まれ、想いがかなわないと知っていたからこそ、認めたくなかった。
「――っ…き…っ」
  好きだ、と思った途端に気持ちがあふれて唇からこぼれそうになり、奥歯を噛んでのみこんだ。聞こえたはずがないのに、近衛は察したふうに眉をひそめ、荒っぽく斎の腰に腕を回す。
「あんただけだ…っ」
  想いをそのまま伝える代わりに、斎は離れたくないように、誓うように吐き出す。シャワーブースに声がこもり、語尾が湿ってかすれた。告白のようだと思っても、こみあげる言葉を抑えられない。
「五條さん、だけ――他の奴なんて、俺は……っ」
  近衛は息をのみ、打たれたように体を震わせる。次の瞬間、衝動めいた勢いで、噛みつくように口づけてきた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり