新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

秘書のイケナイお仕事白ハート

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2003/08/10
    ISBN:
    978-4-8296-2217-9
書籍紹介

舐めるのも、契約違反か?

尋は、日本一の敏腕弁護士・植木鷹臣の秘書。恐ろしく有能な鷹臣だけど、プライベートは意地悪で女癖の悪い最低ヤロー。尋は、そんな鷹臣が大嫌い。ところがある晩、酔っぱらって鷹臣とシテしまったらしい!? 何も覚えてなくて真っ青になった尋に、鷹臣は「誘ったツケはカラダで払え」と迫ってきて──。車の中や料亭でも、鷹臣のセクハラはとどまるところを知らず、さらには……!? 弁護士×秘書のスリリングな恋の駆け引きハート
立ち読み
「やらしい顔して、キスされてんじゃねえよ」
  鷹臣は唇を離すと、笑いながらそう言った。
「気持ちいいんだろ?」
「…え?」
「俺にキスされると、気持ちいいんだろ?  昨日もそうだった。おまえが、すっげーやらしい顔して、もっとキスして、とか言うから歯止めがきかなくなった。本当は最後までやるつもりじゃなかったのにな。だから、自業自得だ。なあ、言えよ」
「な…にを?」
「気持ちいいから、もっとして、って言え」
  鷹臣のキスに酔っていた意識が、戻ってきた。
  だれが、そんなこと、言ってやるものかっ!
「言ったら、気持ちいいことしてやるよ」
  鷹臣が目を細めた。
「泣いて目がとけるぐらい、気持ちいいことしてやる」   にやりと笑ったその顔が、あまりにもかっこよくて。
  スーツを着てなくて弁護士バッジをつけていないときには、モデルに間違えられたこともあるという。きれいに筋肉がついた均整のとれた体。少し彫りの深い、はっきりとした顔だち。背だって高いし、これだけ条件がそろっていれば、うらやましいを通 りこして、あこがれる人も多いだろう。
  大きらいなはずなのに。
  意地悪で、傲慢で、いつもひどいことばかり言うこの男が、本当にこの世で一番きらいなはずなのに。
  思わず見とれてしまった。
  そうしたら、まるで自分のものじゃないような声が出る。
「気持ちいいから、もっとして…」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり