新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

略奪は愛をこめて

本を購入

本価格:552(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2003/07/10
    ISBN:
    978-4-8296-2214-8
書籍紹介

数億円分、私を楽しませられるか?

「お前にできることなんて、ひとつしかないだろう?」その傲慢な男は、数億円の融資提供と引き替えに、オレの身体を求めてきた──。両親を亡くしてから、ずっと面 倒を見てくれた叔父の会社が倒産の危機に。その命運を握るのは、大手不動産業RCC社のトップにいる門脇という男。「俺好みの身体に仕込んでやる」愛する叔父のために、オレは門脇の玩具になることを決意した。夜ごと激しく抱かれても、けっして心だけは渡さないと固く誓いながら……。
立ち読み
「お前にできることといったら……俺に向かって脚を開くことくらいだな」
  一人称すら違えたヤツの、低い笑いが耳元をくすぐった。
(何ーっ!?)
「数億円分俺を楽しませてくれれば…融資してやるよ」
  ふざけるな…っと言おうとした言葉は、声にならなかった。
(なっ…!?)
  拒む間もなく門脇の気配が迫り、次の瞬間、オレの唇にヤツのそれが重なっていた。
「んっ…!」
  零れるほどに大きく目を見開いたまま、オレは呆然と門脇の強引な口づけを受け入れる。
  唇をこじ開けるように湿った舌で唇の表面をなぞられ、やっとオレは我に返った。
(やめ…っ…!)
  拒絶は門脇の唇にふさがれる。
  歯を食いしばって門脇の舌の侵入を拒む。
  いつのまにか門脇の両腕は、オレを抱き締めるように背後に回されていた。
   オレの抵抗をあざわらうかのようにす…っと門脇の手のひらが、オレの双丘を撫でる。
  大きな骨ばった手のくせに、繊細な動きを形作って、さわさわと肌の上を滑った。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり