新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

一途な嘘

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

心に落ちた影は拭えない

「子供騙しだな」父への復讐を語った遙斗に高城はそう言って笑った――。過去に母と遙斗を捨てておきながら己の欲望のために突然引き取りを申し出てきた父親を憎み、遙斗は復讐を誓う。しかし、父の弁護士である高城にその計画を知られてしまった。嘲り、憎んでいるかのように冷たい眼差しで遙斗を見つめながら、高城は黙過の代償として恋人になることを求めてきた。高城の真意がわからず困惑する遙斗だが、断ることはできなくて…。
立ち読み
  父親に復讐するためならなんでもする。遙斗は真剣だった。
  それなのに、高城は笑いを堪えるような表情をしている。
「何が可笑しいんだよ!」
「子供騙しだな……そんなことで、本当に復讐になると思っているのか?」
  憤る遙斗に、高城はバカにしたような一言を告げる。その話し方は今までのわざとらしい敬語とは違っていた。
「あいつがショックを受けるのは間違いないよ!  あいつ、院長は自分に決まったと思ってるんだから……オレは絶対にあいつを許さない。母さんをおもちゃにして捨てた奴を、父親だなんて認めない!」
  遙斗は怒鳴るように言った。だが、高城は可笑しそうな笑みを浮かべたまま、遙斗を見ている。
  その表情は、今までの事務的な態度とは少し違っていた。眼鏡と同じ無機質だった眼差しも、どことなく光を宿しているように見える。
「なるほど。気持ちはわからないでもない……だが、これで俺は君の弱みを二つ握ったことになる」
  そう言って、高城は口の端を引き上げる。
「え…っ?」
  遙斗は絶句した。
「そうだろう?  血を見ることのできない体質と、お父さんへの復讐……事実を坂口氏に報告するのが、俺の仕事なんだろう?」
  穏やかに告げられた言葉は、明らかな脅しだった。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり