新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

うそつきと恋と銃弾

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

私は決してあなたを裏切ったりはしない

御堂グループの若き総帥・御堂海里は、某国のリゾート開発計画の関係で、テロリストに命を狙われていた。ボディガードに雇われた黒崎は、海里の行動をいちいち抑制してくる。あげく「私の命令には従っていただきます」と傲岸不遜だ。海里は、黒崎の言いなりにはならないと突っぱねるが、無理やり体を開かされ、強迫され、黒崎の命令に従わざるをえない状況に。ことあるごとに、黒崎からの調教は続き、体だけは慣らされて――!!
立ち読み
  海里は全裸だ。身を覆うもの何一つないままで、透き通ったガラスの前に立っている。
「さあ。見てもらいなさい」
  背後で黒崎が甘く甘くささやいた。
「あなたが、どんなに淫らで浅ましいか、皆さんに教えて差し上げるといい」
  黒崎の両手が腰を掴む。
「や……」
  バランスを失って、海里は両手をガラスについた。
「いや……。こんなの、いやだ……」
  はかない抵抗など無視して、そのまま、黒崎が腰を入れる。熱くて硬いものが一気に隘路を押し進む。
  ほんの少し前まで黒崎を包んでいたそこは、なんの抵抗もなく黒崎を易々と飲み込んだ。それどころか、自らを蹂躙してくれるその塊を待ち望んでいたように、自ら絡みつき黒崎をきつく抱き締める。
「あぁっ……ああ……あ……」
  注挿が始まる。熱くて硬い塊が身体の内側をなめすようにして擦り上げる。
  股間のものが、また、張り詰め始めていた。
  どこからか快楽が忍び寄り集まってくる。
「あ…、いや……」
  目の下には、毎朝、海里が見下ろしている光景が広がっていた。
  いつもぼんやりと灰色に霞んだ、モノトーンの翳りの中、静かにゆらめいている街。
  普段は意識さえしたことのない人の気配が、今、濃厚に立ち上ってくるのを海里は感じていた。
  あそこには、何十万、何百万という人が住んでいるはずだ。
  彼らと海里を隔てているのは、この透き通ったガラスが一枚だけ。
  見られている。みんなが見る。黒崎に深々と貫かれ、悦んでいる自分の姿を、何十万、何百万という視線が目の当たりにする―――――。
「あああっ……」
  ぞくぞくっと、神経を逆撫でにするような快感が背筋を走った。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり