新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人肌の秘めごと

本を購入

本価格:571(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2007/02/25
    ISBN:
    978-4-8296-5439-2
書籍紹介

そのいやらしい顔でカメラを見ろ

女性人気の高い元戦場カメラマン・塔野匡毅の風景写真集を刊行するため、経営難に喘ぐ橘出版副社長・和叉は彼に会う。が、住み込みでモデルをしろと条件を出された。馬乗りになられた状態で迫られ、逃れたい一心で承諾するものの、和叉は過去にレイプされて以来、写真と他人の体温を嫌悪しているのだ。撮影時、塔野は頑なに理性を保とうとする和叉に淫らな表情を要求する。カメラの放つ閃光は暴力的に和叉の心を浸蝕してきて――。
立ち読み
「おまえさぁ、ホントに綺麗なツラしてるなぁ。そもそも骨格が慎ましやかで、イイんだよな。こういうお堅い中高の顔があられもなくなっていくの、最っ高にそそられる」
  勝手なことを並べ立てて、塔野はふたたびカメラを拾い上げた。
  口から透明な液体を零して苦しく噎せながら、和叉は酒で濡れた眼鏡越しに男を睨みつけた。次から次へと焚かれるフラッシュに脳の奥底まで焦がされていく。
「そんな反抗的な目ぇしても色っぽいだけだっての。その口元のホクロも悪女っぽくてヤバいぜ?」
  口のなかも外も、揮発性の液体のせいで焼けるようだ。
「毛細血管が浮いて、肌がやらしい色になってるぞ」
  もともと酒には強くない。そのうえ、嫌悪している写真を撮りまくられているのだ。感覚がなくなりそうなぐらいジンジンしている唇を噛み締める。
「なぁ、副社長さん」
  ファインダーを覗いたまま、塔野が欲情した男の声音を出す。
「俺の専属モデルになれよ。そしたら、橘出版で風景写真集を出してやる」
  悪い冗談だ。
「こんな扱いを……されて、モデルを引き受ける人間が、いると…思うんですか?  どいてくださいっ」
「仕方ねぇな。もうちょっとその気にさせてやるか」
  愉しげに鼻を鳴らすと、塔野はカメラを床に滑らせて、和叉の鳩尾から退いた。重く潰されていた腹部がふっと楽になったとたん、和叉は激しく噎せてしまう。その噎せている和叉のスラックスの腰へと男の手が這った。ベルトが素早く外されて、ジッパーを一瞬で開けられる。ボクサータイプの下着のウエストがぐっと掴み下ろされた。
「な……っ」
  性器が、空気に触れる心許ない感覚。ほんの数秒であられもない姿にさせられてしまっていた。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり