新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

嘘には酔わない

本を購入

本価格:476(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/01/25
    ISBN:
    978-4-8296-5419-4
書籍紹介

逢いは二度のほうが、ドラマチックだ

初めて東京のバーに入った小柴祥吾は、そこで沢口という男と出逢った。コテコテの関西人の祥吾は都会的に洗練された沢口に憧れるが、顔はいいのにイケズな沢口にまんまとだまされて酔わされた。気がついたらホテルで、沢口のテクニックに感じまくってしまっていた。さらに翌朝出社した祥吾の前に、新しい上司として現れたのは、昨夜の男・沢口浩文だった。仕事もでき、女にももてまくるのに、隙あらば沢口は甘く口説いてきて――。
立ち読み
「あっ、……んん?」
  なんで?  なんで、沢口さんが俺にキス?  濡れてる物体って、沢口さんの舌?
  舌先が上あごをぞろりと舐め上げた瞬間、体中から力が抜けて、クタッとなってし
もた。
「ここ、感じる場所みたいだね?」
  俺のこんな様子に、唇をやっと離した沢口さんが満足げに微笑んではる。
「……はぁ、はぁ」
  まだアルコールの残ってる頭では、どうにも状況が把握しきれてへん。
  そんな状態やっていうのに、俺は不覚にも目の前の沢口さんの裸体の見事さに、目が釘づけになってしもてた。左右対称の綺麗な骨格に、バランスよく鍛えられた筋肉……。
  俺、店を出るときに抱え上げられて、お姫様だっこってヤツをされてしもてた?
  俺にとってそれはかなり衝撃的な疑問で、質問しようにも質問しづらい。半分涙目になりながら、知りたいけど知りたくない……と、沢口さんを眺め続けてしもてた。
「……その潤んだ目は、わざと?」
  ため息混じりのやや呆れた声で、沢口さんが俺に聞いてくるけど、
「……わざとって?」
  わざと涙ぐめるような便利体質してたら、とっくに有効活用してるわ。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり