新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

騎士は午前0時に現れる

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

お前は三千万の差押え物件だ

「今晩は部屋から出るな」。ヤクザか悪徳政治家の息子かと噂される同級生の御門から受けた意味不明の忠告。その夜、環己の父親の借金を取り立てにきたのは御門だった!
立ち読み
「お前の望みは、俺に抱かれて金を減らすこと、だろ?」
少し温度の低い空気に触れて総毛だっている太股から腰を男の掌が撫で上げて、肌を震わせた。
「ノってきたから、その条件飲んでやるよ。男なんて趣味じゃねーけどな」
  抱いてやる。女であればそれだけで濡れてしまいそうな淫靡な囁きに、環己は甘く酔う余裕など与えられない。
  腰を撫で回していた男の指が、肉の狭間を突いたからだ。
「っァっ!?」
  他人はおろか、物心ついてからは肉親にすら触れられたことなどない場所に、男の指が触れてきて、見開いた目が男のそれとかち合う。
「ここを俺ので犯すんだよ」
  知らないのか?  と、純粋な子供に言い含めるみたいに男はことさら優しげな声で、恐ろしい事実を言った。
「…ぃ…っャだ…っ」
「嫌って、これしかお前には穴ついてないだろうが?  口って手もあるが女にさせるのと違わないし、大金に値するほどの価値もねぇ」
  ぐい、と曲がった指が入り口を圧迫する。
「…ぁっ…くァ、ぁ…っ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり