新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

終わらない夜の指先

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2004/01/25
    ISBN:
    978-4-8296-5349-4
書籍紹介

許すのはお前にだけだからな!

二実は、親友だった冬正のヒモみたいな生活を改めさせようとするが、意地悪な冬正にエッチなことをされ、自分を追い出そうとしていると思った二実はつい意地をはって――!!
立ち読み
  だけど、それで終わりではないらしい。熱く尖った乳首に、ひんやりとした何
かが垂らされてくる。蜂蜜のようだった。
  バイブでいじられていた右の乳首だけではなく、反対側にも垂らされる。
「何……すんだよ……っ」
  蜂蜜がねっとりと突起を這う刺激にも、身体がどうにかなりそうだった。
  イキそうで、膝や腿に力がこもり始めていた。
「何って、蜂蜜」
「それはわかるけど、なんで!」
「うまそーだから。おまえ、まだ肌綺麗だよな。白くって、なめらかで、食べ
ちゃいたくなる」
  冬正の舌先が、まだ舐めてなかった左側の乳首をつつく。
  蜂蜜を舐め取りながら、舌先が乳首を転がした。
「ァン……」
  唇が触れてないほうの乳首にバイブを突きつけられ、電源が入れられる。蜂蜜
で下味をつけようとでもしているように、バイブで乳首が揉みくしゃにされる。
  ねっとりとした蜂蜜のぬめりが、振動の一つ一つまでを生々しく胸の奥のほう
まで伝えてくる。
  乳首を舐めしゃぶる舌先の緩慢な動きと、バイブの暴虐と、そしてたまに噛ま
れるときの歯の硬質な硬さとが混じって、もう何もかもわからなくなりそうだった。
「は……っあ……」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり