新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

後継者の甘いささやき白ハート

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

拒んでみせるのは煽りたいからか?

金遣いが荒いビンボー高校生の聖は、とあるきっかけで資産家の後継者争いに巻き込まれる。あやしい男達に瀬戸内海の離島に連れ去られた聖は、そこでムカツク男に出会い…?
立ち読み
「痛くされるのが好みなら、そう言えばいい」
「い、嫌だ……」
  胸の二つの突起を同時にぎゅっと摘まれた瞬間、怯えが走った。
「…あっ…痛っ…そんなに強く……あぁっ…あっ」
  まるで圧し潰そうとするように、力任せにぐりぐりと弄られて、聖はシーツをぎゅっと掴んで細かく身体を震わせる。
  抵抗しようにも、そうすればもっと痛い目にあいそうで、実行には移せなかった。
「ほら、さっきより固くなって、しっかり芯ができてる。自分でもわかるだろう?」
  仁一朗は、尖って固くなった突起をさらに指で擦りあげ、いやらしく聖の耳元で訊いてくる。
  聖が聞きたくないと、首を振ると、仁一朗はわざと同じ台詞を囁きながら、爪先でひっかくような愛撫を加えてきた。
  そして、敏感になった先端を、また指で摘んで弄り始める。
「…もう…弄らな…あっ……んぁっ……」
  微妙な強弱をつけて弄られ続けていると、痛み以外の、甘い疼きのようなものが感じられるようになってきて、聖の唇からは、さっきとまでとは顕らかに違う甘い声が
零れだした。
「ふ……あ…っ…」
  恥ずかしさに唇を引き結んでも、すぐに唇が緩んでくる。
  そうしているうちに、仁一朗は片方の突起を唇で啄ばみ、聖により強い快感を与えてきた。
「いつもこうやって、広人さんに可愛がられているんだろう?」
「違……っ…あっ…ヤっ…」
  休むことなく指と唇で愛撫され、聖はいやいやと首を振りながら、これは試されているんだろうかとふと思う。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり