新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

薔薇の名前V
薔薇の鎖

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2002/10/25
    ISBN:
    978-4-8296-5304-3
書籍紹介

夢の鎖に縛られて躰は淫欲の玩具になる

彬のいかがわしいねつぞう写真が、ネット上に流れた。そのサイトにあった「聖骸布(せいがいふ)」を探し、彬・菜津夫・遠弥の3人はとある高校に潜入する。
立ち読み
「もっと出したいか?」
  瀬名の問いに、彬は激しく頷いていた。瀬名は一旦、彬から陰茎を引き抜いた。途端に彬が絶叫した。
「や、だああっ!  抜かな……で……っ!」
  暴れる彬の躰を、瀬名はやすやすと自分の上に持ち上げた。その意図を察して、彬はほっと安堵した。瀬名の胴を跨ぐ格好で、彬は再び瀬名のものをアヌスに含むことができた。
  屹立の根元に指を添えて、彬は性急にその上に腰を落とす。がくん、と膝の力を抜いた途端に、体の重みを借りて奥まで容易に突き刺さる。
「ふぁっ…く、ゥ、あああっ…!」
  瀬名の上で激しく腰を上下に振りながら、彬は両手で自らのペニスをこすり続けた。そのさまはまるで、瀬名の躰を使って自慰をしているようだった。あまりにも淫らすぎるその痴態に、瀬名さえもが時折息を乱す。彬のアヌスはさながらインキュバスのように、瀬名の陰茎に絡みついて精液を搾ろうとする。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり