新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

君の瞳でとどめを刺して

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

寝てなよ、起こすのは一ヵ所だけでいいから

中学生の深咲は隣家の大学生・武彦にふられて大ショック。下僕なはずの武彦をモノにしろと兄にそそのかされた深咲は……。
立ち読み
「まるで召使いと、お嬢様だな」
  高畑は頬杖をついて、深咲の言うことをなんでも聞いている武彦をおもしろそうに見る。
「違うよ!  武彦は俺の恋人なんだから」
  深咲は高畑を睨みつけて、武彦の胴に回した手に力をこめた。
「ええっ?」
  従業員を呼んでオーダーしようとしていた武彦は、手を挙げたまま固まってしまう。
「とてもそうは見えないけどね」
  高畑は余裕たっぷりの笑みを見せる。
「深咲は武彦にキスして、出してもらったみたいですよ」
  たこ焼きを食べていて会話に加わっていなかった省吾は、しらっとしていきなり爆弾発言をした。
  やっとおもしろくなってきそうなのに、ここで終わらせてはもったいない。
「武彦がそんなことをしたのかい?」
  高畑は驚いて、武彦を見る。
  とても、自分からそんなことをする甲斐性があるとは思えない。
「先輩、そっ、それは!」
  武彦は真っ赤になって、言葉に詰まる。
  キスは深咲にいきなりされたんだし、オナニーを教えてくれと言われて教えただけなのだが、なんだか本当のことを言ったらとても情けない。
  召使いどころか、年下の深咲に下僕扱いされているのが高畑にわかってしまう。
  それはあまりにも惨めである。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり