新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

薔薇の名前 IV
薔薇の夜明け

本を購入

本価格:514(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2000/08/25
    ISBN:
    978-4-8296-5216-9
書籍紹介

二人を結ぶ薔薇の刻印に、新事実が…!?

フィラードの魔封じを解くための荒療治で自我を失った彬を連れ、瀬名は大英博物館へやってきたが、そこで…。
立ち読み
「ひ…………ゥ……ッ」
  彬にペニスを弄らせながら、瀬名は顔を彬の胸板に寄せた。乳首に歯を当て嬲ってやると、彬は激しく射精した。
「は、ふぅ…っ!」
  紅いビロードに、白濁が染みこんでいく。絶対神聖なはずのこの場所が、欲情に濡れていく。
「やぁ……」
  横たわる彬が、立ったままの瀬名の股間に手を伸ばす。
  これが、欲しい。
  入れて欲しい。
  淫らに、正直に、大きな肉杭を掴んで目でねだる。
  瀬名はすぐには与えなかった。
「……ヒッ!?」
  官能に潤んでいた彬の目が、一瞬正気に近い色に戻った。瀬名が、燭台に刺さるべきはずの赤い蝋燭を祭壇の下から取り出し、ライターで火を点したのだ。そして蕩ける蝋燭を、彬の柔肌の上に垂らした。
「あぅ…っ」
  熱さで、彬が身を捩る。
「もっとだ」
  なにかに憑かれたように、瀬名が言う。
「もっと、…欲しがれ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり