新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ご褒美が欲しい

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

淫行がご褒美ならペナルティもエッチなこと?

幼なじみの覚也に家庭教師をしてもらうのが嫌でたまらない秀は、潔癖な覚也に性的悪戯をして辞めさせようとするが!?
立ち読み
「早くしろよぉ」
  秀はモタモタとズボンを脱ぐ覚也の背中に抱きついて、後ろから耳をベロンと舐めた。
「コラッ」
  覚也の背筋をゾクッという鋭い快感が抜けて、思わず身を捩ってしまう。
「なに覚也、耳感じるんだ」
  過剰に反応を示した覚也に、秀は面白そうにそこを何度も舌で刺激する。その度に覚也はピクピクと反応を示してしまった。
  しかも裸になった秀のペニスが背中に当たっていて、それが余計覚也に性感を強烈に意識させる。
「オイ、脱げないだろ?」
  そんなふうに覚也が文句を言うと、秀はわざと覚也のジャマをするように覚也の前に回って膝の上に乗ってしまった。
「秀?」
「覚也のはあとで俺が脱がせてやるよ」
  秀はそう言って再び覚也を仰向けに押し倒すと愛撫の続きをはじめる。
  薄いピンク色をした小さな胸の突起に指を這わせて、小さな乳首を立ち上がらせる。男のそれは女の子のそれよりずいぶん小さいし、同じように感じるのかどうかなんてわからなかったけど、秀は覚也の乳首を舌でチロチロと刺激してみた。
「感じる…?」
「くすぐったいような変なカンジだな」
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり